スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
チャンピオンヒルズ在厩馬
予告通り、今回はチャンピオンヒルズ編です。

現在、在厩しているのは9頭。預託頭数の増えている育成場です。



ここはとにかく規模が大きい。調教コースだけでなく、全体的にスペースを広く取ってあるので、厩舎間の移動だけでもひと苦労するほど。フラットコースを見ていたら、とても坂路には間に合いません(苦笑)。あちこちバタバタ行ったり来たりで、トレセンの水曜日を思い出したくらいです。時間の関係もあって、調教を撮影できた馬、できなかった馬がいますので、そのあたりはご容赦ください。



まずは2歳馬から。



◎アズウェル
アズウェル02



北海道からの長距離輸送の影響もなく、順調に乗り込んでいます。ちょうどこの日は杉山晴紀調教師が来場されていましたが、「良いトモをしている。ただ、ジャスタウェイ産駒でもあり、早くからというタイプではないかもしれない。器は良いので、中身がパンとするまではじっくり進めていった方が良いでしょう」と話されていました。



アズウェル03
角馬場でウォーミングアップ



アズウェル05
バタバタすることなく、素直に走っていました



アズウェル04
3頭併せの真ん中で軽く1本



アズウェル01
丸みがあって発達したトモが魅力的







先生の口調からも、始動は秋以降になりそうです。



◎コンセプシオン
コンセプシオン02



輸送で大分馬体が減ったみたいですが、ここ数日間でグッと回復してきました。これなら心配はいらないでしょう。ただ、まだ環境に慣れていないところがあるのか、ちょっと繊細な面も見せているようです。まぁ、このあたりは時間の問題でしょう。


コンセプシオン01
モーリス産駒らしいしっかりとした馬体







◎メイクユースマイル
メイクユースマイル02



募集を開始したばかりの頃から良い体をしていましたが、1年経って順調に成長してきた感じですね。迫力満点の逞しい馬体をしていました。まだ全体的に脂肪が多くメリハリに欠けるところがあるので、これから乗り込みを強化して筋肉量が増えてくれば更に良く見せるようになるでしょう。



メイクユースマイル01




調教は見られなかったので歩きだけ



続いて3歳馬。



◎アンフィニ
アンフィニ02



数字以上に体が寂しく映ります。毛艶もパッとしないし、ちょっと回復に手間取っていますね。良い頃を知っているだけに、よけいに物足りなく思います。武英智調教師を始め、厩舎の助手さん、育成場スタッフの評価も高く、状態が上向いてくるのを願うばかりです。



アンフィニ03
軽めに動かしながら回復を促していきます



アンフィニ04
坂路もごく軽めに1本



アンフィニ01
お腹のラインに余裕がありません。もっとゆとりがほしい







◎クロスオブドリーム
クロスオブドリーム02



好走と凡走の落差が…。実力は証明済みですが、スッと先行できないと脆いのでしょうか。短期放牧でリフレッシュして、また頑張ってもらいたいですね。使ったばかりということもあって少しすっきりしているようにも見えるので、この間にできるだけふっくらしてくれたらと思います。



クロスオブドリーム01
デビュー前に比べて、当たり前ですが馬体のメリハリが良くなっています







◎コルス
コルス02



前回がおっと思わせる内容。11着とはいえ、4着とは0.3秒差。7着とは首の上げ下げですから、運が悪かった…。ボーンシストの影響かトモに甘さが残るので、この中間はスピード調教ではなく、後ろを使わせるように意識しながら前後の繋がりを良くするように乗り込んでいます。2ヶ月競馬に使えないではなく、しっかり鍛え直す良い機会と捉えたいですね。



コルス03
大人しくて鞍上に従順



コルス04
坂路では手応え良く駆け上がってきました



コルス01
馬体は着実に良くなっています







◎スカイドゥエラー
スカイドゥエラー02



芝のデビュー戦はもうひとつでしたが、ダートに替わってからの2戦が好内容。使いつつ体が引き締まり、幼さが抜けてきました。先行力があって取り口は安定。時計も詰めており、今度こその気持ちです。この日来場されていた杉山晴紀調教師も「もう勝たせないといけない馬。順調に乗り込んでもらっているし、来週の検疫で戻して中京の開幕週へ向かいたい。今度こそですね」と意気込み十分でした。



スカイドゥエラー03
ウォーミングアップでも落ち着きが増してきました



スカイドゥエラー04
坂路では抜群の行きっぷり



スカイドゥエラー01
相変わらず良い馬っぷり







◎ディキシー
ディキシー02



少し楽をさせたことで徐々に立ち直ってきましたね。正直、毛艶はまだまだですが、思っていたよりも体は落ちていませんでした。トモの丸みもありましたし、数字の上でも減っていません。ジョッキーも能力を評価していたように、これからの馬。今はしっかり充電期間にあて、リフレッシュしてから頑張ってもらいたいですね。



ディキシー03
しばらくは軽めに動かしながら回復を促していきます



ディキシー01
皮膚病も残っており、毛艶はもうひとつ







◎プライドオブエレナ
プライドオブエレナ02



どうしても硬くなりやすいため、入念にケアしながらの調整。時間を掛けて鍛えてきたことで、大分動けるようになってきました。担当者も「馬がしっかりこたえてくれている。これなら以前のようなことはないと思う」と手応えを掴んでいました。攻めてきたこともあるのか、目つきが変わってきた印象ですね。帰厩も近づいてきました。



プライドオブエレナ03
馬場の真ん中をまっすぐに



プライドオブエレナ04
常歩でもキビキビとして良い感じ



プライドオブエレナ01
牝馬らしからぬ迫力ある馬体








それでは、またどこかに行ってきたらご報告いたします!