スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(5/11付)
・ラプタス、かきつばた記念で重賞連勝
5/4(月)名古屋「かきつばた記念・JpnⅢ」(ダート1400m)で、クラブ所属のラプタスが、2着に3馬身差をつけて逃げ切り勝ち。黒船賞に続き、危なげない逃げ切りで重賞を連勝した。ラプタスはセン4歳、父ディープブリランテ、母エアラホーヤ、栗東・松永昌博厩舎、藤原牧場生産。1歳のエピファネイア産駒は、次期ラインナップにて募集される予定。

・ビターエンダー、ダービー切符獲得
5/9(土)東京11R「プリンシパルステークス・L」(芝2000m)で、クラブ所属のビターエンダーが、3番手追走から抜け出し優勝。見事5/31に行われる日本ダービーへの優先出走権を獲得した。ビターエンダーは牡3歳、父オルフェーヴル、母ビタースウィート、美浦・相沢郁厩舎、桜井牧場生産。皐月賞では大外枠が響き14着に敗れたが、堂々ダービーの舞台へと駒を進める。

・PEGASUS7の兄が障害未勝利V
5/10(日)新潟4R 障害未勝利(芝2890m)で、PEGASUS7(牝2歳、父キズナ、母ナイアード、栗東・佐々木晶三厩舎予定、日進牧場生産)の兄マーニ(牡4歳、父アドマイヤムーン)が優勝。芝1600mの未勝利戦を勝っており、平地、障害それぞれで勝ち星を挙げ、多才なところを発揮している。初年度産駒からすべて日高の生産馬で5頭の重賞勝ち馬を輩出している父の産駒PEGASUS7は出資申込受付中。

・「母フローレンスガール」の兄が初勝利
5/9(土)東京5R 3歳未勝利(芝1600m)で、ビバヴィットーリオ(牡3歳、父ヴィクトワールピサ、母フローレンスガール、美浦・戸田博文厩舎、白井牧場生産)が、2着に4馬身差をつけて快勝した。兄にミヤジタイガ、クロフネフリートと活躍馬がいる血統。1歳のエイシンヒカリ産駒の妹は、次期ラインナップで募集される予定。