スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(1/20付)
・ラプタス、怒涛の4連勝
18日、京都11R「羅生門ステークス」(4歳以上3勝クラス、ダート1400m)で、クラブ所属のラプタスが、3番手から手応え良く抜け出し、最後は後続と鼻面を揃えてゴール。1着同着で優勝した。ラプタスはセン4歳、父ディープブリランテ、母エアラホーヤ、栗東・松永昌博厩舎、藤原牧場生産。これでダートでは無傷の4連勝で、オープン入りを果たした。なお、藤原牧場生産のPEGASUS33(牝2歳、父シニスターミニスター、母スターアクトレス、美浦・深山雅史厩舎入厩予定)は、出資申込受付中。

・アドレ、復活の勝利
19日、小倉8R 4歳以上1勝クラス(芝1200m)で、クラブ所属のアドレが、中団追走から鮮やかに差し切って優勝した。アドレは牝4歳、父ヒルノダムール、母ダッチェスドライヴ、美浦・浅野洋一郎厩舎、橋本牧場生産。2018年8月の新馬勝ち以来、気性面が課題になっていたが、浅野厩舎に転厩し、慎重に調整したことで力を発揮。見事2勝目をマークした。なお、橋本牧場生産のPEGASUS8(牝2歳、父Speightster、母キャントミス、栗東・寺島良厩舎予定)、PEGASUS32(牝2歳、父フレンチデピュティ、母レーヴドベティ、美浦・久保田貴士厩舎予定)は、出資申込受付中。また、この勝利でクラブ創設以来の通算勝利数が999となった。