スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(11/26付)
・スズカコーズウェイ産駒、オータムリーフS優勝
11/24、京都11R「オータムリーフステークス」(3歳上オープン、ダート1200m)で、スズカコーズウェイ産駒のスズカコーズライン(牡5歳、母ヴェスタ、栗東・木原一良厩舎、グランド牧場生産)が、先手を取ると危なげなく押し切って優勝した。キャリア23戦目で初のオープン勝ち。父の産駒にとっても初のJRAでのオープンレース勝利となった。なお、同馬と同じスズカコーズウェイ産駒でグランド牧場生産のPEGASUS38(牝1歳、母セクシーシューズ、美浦・伊藤圭三厩舎予定)は出資申込受付中。

・ウェイクール、中央再転入の条件クリア
11/19、笠松9R「虎渓山特別」(ダート1600m)で、クラブ所属のウェイクールが優勝。笠松に転籍後2勝目をマークし、中央再転入の条件をクリアした。なお、今後は以前所属していた栗東・松下武士厩舎に転厩する予定。