スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(8/26付)
・ヒイナヅキ、完勝で2勝目をマーク
25日、新潟12R 3歳以上1勝クラス(ダート1200m)で、クラブ所属のヒイナヅキが、先手を取ると、そのまま楽に逃げ切り、2着に3馬身差をつけて完勝した。ヒイナヅキは牝3歳、父トビーズコーナー、母シスターエレキング、美浦・林徹厩舎、ヒダカファーム生産。3/9中京・3歳未勝利に続く2勝目。昇級しても楽しみな勝ちっぷりで、今後に期待が膨らんだ。なお、同馬と同じヒダカファーム提供のPEGASUS24(牡1歳、父オールステイ、母サイタ、栗東・羽月友彦厩舎予定)は、出資申込受付中。

・PEGASUS29の兄が新馬勝ち
24日、札幌5R 2歳新馬(ダート1700m)で、PEGASUS29(牝1歳、父ディープインパクト、母ナスケンアイリス、美浦・手塚貴久厩舎予定、桜井牧場生産)の兄ヴォルスト(牡2歳、父キズナ、栗東・宮本博厩舎)が、後方追走から徐々に進出し、直線できっちり前を捕らえて新馬勝ちした。母ナスケンアイリスは、クラブ所属のゴルトマイスター、大井記念勝ち馬モジアナフレイバーなど続々活躍馬を生み出す、優秀な繁殖牝馬だ。PEGASUS29は出資申込受付中。なお、残口が少なくなっているため、出資申込はお早目に。