スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(8/19付)
・トゥルーハート、障害オープンV
8/17、小倉4R 障害オープン(芝2860m)で、クラブ所属のトゥルーハートが、後方から差を詰めて最終障害飛越後に先頭に立つと、2着に4分の3馬身差をつけて優勝した。トゥルーハートはセン6歳、父ハーツクライ、母スコアズビー、栗東・庄野靖志厩舎、猿倉牧場生産、2013年度の先行募集馬。7/6の福島・障害未勝利に続く勝利で、これで障害戦連勝となった。通算27戦3勝(うち障害9戦2勝)。なお、同馬と同じハーツクライ産駒の牡馬であるPEGASUS27(牡1歳、母ワンダーフィリー、栗東・武幸四郎厩舎予定、三嶋牧場生産)は、出資申込受付中。

・マイティウェイ、嬉しい初勝利
8/17、新潟4R 3歳未勝利(芝2400m)で、クラブ所属のマイティウェイが、開いた馬群の中から抜け出すと、2着馬をクビ差抑えて先頭でゴールした。マイティウェイは牡3歳、父ジャスタウェイ、母アポロティアラ、美浦・高木登厩舎、山際牧場生産、2016年度の先行募集馬。昨年10月のデビューから善戦止まりが続いていたが、ダート1800m戦を除外されたことで出走することになった芝2400m戦で嬉しい初勝利を挙げた。通算10戦1勝。なお、同馬と同じジャスタウェイ産駒は、PEGASUS4(牝1歳、母キャナルハート、栗東・清水久詞厩舎予定、静内ファーム提供)とPEGASUS18(牝1歳、母ラーナック、栗東・武英智厩舎予定、杵臼牧場生産)の2頭が、出資申込受付中。