スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(3/18付)
・ワタシノロザリオ、3勝目をマーク
16日、阪神7R 4歳以上500万下(ダート1800m、牝馬限定戦)で、クラブ所属のワタシノロザリオが、中団追走から直線半ばで先頭に立ち快勝。見事1番人気に応えた。ワタシノロザリオは牝5歳、父ヴァーミリアン、母タイキロザリオ、栗東・湯窪幸雄厩舎、高橋ファーム生産。ダート中距離で堅実な走りを続け、通算3勝目をマークした。なお、ワタシノロザリオの弟のPEGASUS39(牡2歳、父パイロ、栗東・今野貞一厩舎予定、中田牧場生産、馬名メガファラヴァハー)は、出資申込受付中。

・服部牧場生産馬、名古屋大賞典V
14日、名古屋「名古屋大賞典・Jpn3」(ダート1900m)で、服部牧場生産のグリム(牡4歳、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、栗東・野中賢二厩舎)が、2番手追走から抜け出して優勝。2018年レパードS、白山大賞典に続き、重賞3勝目をマークした。なお、服部牧場生産馬は、PEGASUS13(牝2歳、父ダイワメジャー、母キャタロニアン、美浦・和田勇介厩舎予定、馬名バルセロナ)が、出資申込受付中。