スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(7/17付)
・バンパークロップ、3勝目
15日、函館8R 3歳上500万下(ダート1700m)で、クラブ所属のバンパークロップが、直線入口で先頭に並び掛けると、最後は首の上げ下げをハナ差制して優勝した。バンパークロップは牝4歳、父クロフネ、母グレートハーベスト、美浦・藤原辰雄厩舎、グランド牧場生産。昨年7月の福島・500万下以来、1年振りの勝利で、通算6戦3勝。なお、バンパークロップと同じグランド牧場生産の、PEGASUS4(牝1歳、父ジャスタウェイ、母イチリュウ、美浦・伊藤圭三厩舎予定)、PEGASUS24(牝1歳、父スズカコーズウェイ、母スプリングマンボ、栗東・橋田満厩舎予定)、PEGASUS25(牝1歳、父ルーラーシップ、母サンビスタ、栗東・角居勝彦厩舎予定)は、出資申込受け中。

・PEGASUS29の姉が初勝利
15日、函館6R 3歳未勝利(芝2000m)で、PEGASUS29(牝1歳、父ゴールドシップ、母メイクデュース、栗東・浜田多実雄厩舎予定、出口牧場生産)の姉ウィナーポイント(牝3歳、父スクリーンヒーロー、美浦・栗田博憲厩舎)が、鋭い瞬発力で内から抜け出して優勝。デビューから9戦目で初勝利を挙げた。なお、新種牡馬ゴールドシップを父に持つPEGASUS29は、出資申込受付中。