スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(5/1付)
・グレートブレス、待望の初勝利
28日、新潟8R 4歳以上500万下(ダート1200m)で、クラブ所属のグレートブレスが好位追走から抜け出して優勝した。グレートブレスは、牡6歳、父ジャイアントレッカー、母フォーチュネイター、栗東・高柳大輔厩舎、岡田牧場生産。これまで中央で2着3回、3着2回など幾度となく掲示板に載ることはあったが、31戦目で待望の中央初勝利を挙げた。なお、岡田牧場生産のPEGASUS5(ボーズキャット、牝2歳、父ルーラーシップ、母ホットフレイバー、栗東・宮徹厩舎予定)は、出資申込受付中。

・PEGASUS16の兄が勝ち上がり
29日、新潟1R 3歳未勝利(ダート1800m)で、PEGASUS16(ルージュフォンセ、牝2歳、父エンパイアメーカー、母ソフィアルージュ、栗東・吉田直弘厩舎予定、宮内牧場生産)の兄コラード(牡3歳、父ネオユニヴァース、栗東・木原一良厩舎)が、2着に3馬身半差をつけて逃げ切り、7戦目で初勝利を挙げた。母ソフィアルージュの産駒は、中央で出走した8頭中6頭が勝利を挙げ、その他の2頭も2着があるという堅実さ。PEGASUS16は出資申込受付中。

・矢野牧場生産馬、青葉賞優勝
28日、東京「青葉賞・G2」(芝2400m)で、矢野牧場生産のゴーフォザサミット(牡3歳、父ハーツクライ、母ラグジャリー、美浦・藤沢和雄厩舎)が、直線半ばで先頭に立ち、最後まで力強く伸びて快勝。初の重賞タイトルを獲得した。通算6戦3勝。兄に産経大阪杯を勝ったショウナンマイティ、クラブ所属のレイラニがいる。なお、矢野牧場生産のPEGASUS17(ルフランエトワール、牝2歳、父オルフェーヴル、母スターズインハーアイズ、栗東・今野貞一厩舎予定)、PEGASUS35(ローブドゥネージュ、牝2歳、父クロフネ、母ローザミスティカ、美浦・奥村武厩舎予定)、PEGASUS36(ライデンシャフト、牝2歳、父ノヴェリスト、母プレザントブリーズ、美浦・池上昌和厩舎予定)は、出資申込受付中。