スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(4/23付)
・Midshipman産駒、米G3でV
13日、アメリカ・オークローンパーク競馬場で行われた「ファンタジーS・G3」(ダート8.5F、3歳牝馬)で、Midshipman産駒のサッシーシエナ(Sassy Sienna)がハナ差の接戦を制して重賞初制覇を果たした。ケンタッキーのジョナベルファームに繋養されているMidshipmanにとって、レディシップマン、ディアレストに続く3頭目のステークスウイナーとなった。なお、Midshipman産駒のPEGASUS42(フリートオフィサー、牡2歳、母Aquitania、美浦・和田正一郎厩舎予定、和田牧場提供)は、出資申込受付中。

・下河辺牧場生産馬、フローラS優勝
22日、東京「フローラS・G2」(芝2000m、牝馬)で、下河辺牧場生産のサトノワルキューレ(牝2歳、父ディープインパクト、母ヒアトゥウィン、栗東・角居勝彦厩舎)が、最後方追走から上り33.4の末脚を繰り出し優勝。オークス候補に名乗りを挙げた。なお、下河辺牧場生産のPEGASUS18(シャンパンクーペ、牡2歳、父エンパイアメーカー、母シャンパンフルート、栗東・今野貞一厩舎予定)は、満口となっている。

・大島牧場生産馬、準オープンV
21日、京都「彦根S」(4歳上1600万下、芝1200m)で、大島牧場生産のナガラフラワー(牝6歳、父ダンスインザダーク、母ガリカローズ、栗東・高橋亮厩舎)が、直線鮮やかに差し切って優勝。通算4勝目を挙げ、オープン入りした。なお、大島牧場生産のPEGASUS4(ビーマイステディ、牝2歳、父ヴィクトワールピサ、母ステディプロスペクト、栗東・武英智厩舎予定)は、出資申込受付中。