スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(12/5付)
・マリアスパン、2戦目でV
3日、阪神1R 2歳未勝利(ダート1800m、牝馬)で、クラブ所属のマリアスパンが、2番手追走からアタマ差抜け出して優勝。見事1番人気に応え、初勝利を挙げた。マリアスパンは、牝2歳、父ハードスパン、母プリンセスキナウ、栗東・大橋勇樹厩舎、佐竹学牧場生産。新馬戦2着の後、デビュー2戦目できっちり勝利を掴み、今後の活躍が非常に楽しみだ。

・アンヴェルス、笠松で2勝目
4日、笠松8R(ダート1400m)で、クラブ所属で地方転籍中のアンヴェルスが、後続を離して逃げると最後まで逃げ脚は衰えず完勝した。アンヴェルスは、牡3歳、父ローエングリン、母スウィートマフィン、笠松・後藤正義厩舎、三村牧場生産。この勝利で笠松転籍後2勝目となり、中央再転入の条件をクリアした。

・PEGASUS26のおじが2勝目
2日、中京9R 3歳以上500万下(芝2200m)で、PEGASUS26(牝1歳、父ジャスタウェイ、母アドマイヤラブ、美浦・新規開業厩舎予定、辻牧場生産)のおじアドマイヤジョラス(牡3歳、父ディープインパクト、母アドマイヤカンナ、栗東・梅田智之厩舎)が、直線鋭く伸びて優勝。2勝目をマークした。近親にはアドマイヤフジ、アドマイヤコスモス、アドマイヤデウスらがいる血統。PEGASUS26は、現在出資申込受付中。