スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(11/6付)
・ラホーヤビーチ、河北新報杯V
3日、福島11R「河北新報杯」(3歳以上1000万下、芝1200m)で、クラブ所属のラホーヤビーチが、直線内から抜け出して快勝、初の特別勝ちを挙げた。ラホーヤビーチは、牝5歳、父タイキシャトル、母エアラホーヤ、美浦・伊藤正徳厩舎、藤原牧場生産。今年4月15日の500万下(福島芝1200m)に次ぐ勝利で、通算3勝目。レース振りに幅が出て、まだ進化中。今後は準オープンに昇格して相手はより一層強くなるが、頑張ってもらいたい。なお、弟のPEGASUS20(牡1歳、父ディープブリランテ、栗東・松永昌博厩舎予定)は、出資申込受付中。

・カクタスバンガー、盛岡で初勝利
4日、盛岡4R(ダート1200m)で、クラブ所属で地方転籍中のカクタスバンガーが、先手を取ると、そのまま最後は後続を引き離して快勝した。カクタスバンガーは、牡3歳、父マンハッタンカフェ、母フレンチカクタス、盛岡・櫻田康二厩舎、服部牧場生産。中央の未勝利戦で勝ち上がることはできなかったが、盛岡移籍後2戦目で初勝利を挙げ、今後の巻き返しを期待したい。

・矢野牧場生産馬、百日草特別V
5日、東京9R「百日草特別」(2歳500万下、芝2000m)で、矢野牧場生産のゴーフォザサミット(牡2歳、父ハーツクライ、母ラグジャリー、美浦・藤沢和雄厩舎)が、好位追走から直線抜け出して快勝した。未勝利戦からの連勝で3戦2勝。兄に産経大阪杯を制したショウナンマイティ、姉にクラブ所属だったレイラニ、ラグジュリアがおり、本馬は2015年のセレクトセールで4,300万円で取引された。なお、矢野牧場生産のPEGASUS17(牝1歳、父オルフェーヴル、母スターズインハーアイズ、栗東・今野貞一厩舎予定)、PEGASUS35(牝1歳、父クロフネ、母ローザミスティカ、美浦・奥村武厩舎予定)、PEGASUS36(牝1歳、父ノヴェリスト、母プレザントブリーズ、美浦・池上昌和厩舎予定)の3頭は、出資申込受付中。