スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(10/11付)
・PEGASUS23のめいが特別勝ち
8日、京都9R「愛宕特別」(3歳上1000万下、ダ1900m)で、PEGASUS23(牝1歳、父キングズベスト、母チアズグレイス、栗東・松永昌博厩舎予定、三嶋牧場生産)のめいにあたるマイティティー(牝4歳、父エンパイアメーカー、母チアズガディス、栗東・本田優厩舎)が、軽快に逃げの手に出ると、最後は2着に3馬身差をつける完勝で特別勝ちを果たした。通算20戦4勝。桜花賞馬の娘であるPEGASUS23は、出資申込受付中。

・PEGASUS26のおいがレコード勝ち
8日、京都3R 2歳未勝利(芝1800)で、PEGASUS26(牝1歳、父オルフェーヴル、母スターズインハーアイズ、栗東・今野貞一厩舎予定、矢野牧場生産、満口)のおいプラチナヴォイス(牡2歳、父エンパイアメーカー、母プレザントブリーズ、栗東・鮫島一歩厩舎)が、京都芝1800mの2歳レコードで2着に4馬身差の快勝。デビュー3戦目で初勝利を挙げた。母プレザントブリーズはクラブ所属馬。なお、矢野牧場生産で、現役で活躍中のジュアンマリエの妹PEGASUS12(牝1歳、父マンハッタンカフェ、母マリアージュ、美浦・池上昌和厩舎予定)は、出資申込受付中。

・ヒダカファーム生産馬、オープン勝ち
10日、東京11R「グリーンチャンネルC」(3歳上オープン、ダ1400m)で、ヒダカファーム生産のカフジテイク(牡4歳、父プリサイスエンド、母テイクザケイク、栗東・湯窪幸雄厩舎)が、後方一気の末脚を炸裂させ優勝。自身初のオープン勝ちを挙げた。母、兄テイクエイムはクラブ所属でそれぞれ活躍した。なお、ヒダカファーム生産のPEGASUS15(牡1歳、父バトルプラン、母シンプリシティー、美浦・武井亮厩舎予定)、PEGASUS32(牡1歳、父ノボジャック、母エンジェルシェア、栗東・松下武士厩舎予定)の2頭は、出資申込受付中。

・宮内牧場生産馬、オープン入り
8日、京都11R「平城京S」(3歳上1600万下、ダ1800m)で、宮内牧場生産のタムロミラクル(牡4歳、父ディープインパクト、母タムロイーネー、栗東・西園正都厩舎)が、馬群を割って抜け出し優勝。通算5勝目を挙げ、オープン入りを果たした。なお、宮内牧場生産のいとこにミリオンディスクがいるPEGASUS11(牝1歳、父ヘニーヒューズ、母エイプリルバード、美浦・天間昭一厩舎予定)、姉にアクティビューティがいるPEGASUS24(牝1歳、父ゴールドアリュール、母ファンドリオボッコ、栗東・高橋義忠厩舎予定)の2頭は、出資申込受付中。

・バトルプラン産駒、サウジアラビアロイヤルC制覇
8日、東京で行われた2歳重賞「サウジアラビアロイヤルC・G3」(芝1600m)で、バトルプラン産駒のブレスジャーニー(牡2歳、母エルフィンパーク、美浦・本間忍厩舎)が、直線鋭く伸びて差し切り勝ち。バトルプラン産駒はJRA重賞初勝利となった。同産駒ではクラブ馬の中でもジョリーアップが3勝を挙げている。なお、バトルプラン産駒のPEGASUS15(牡1歳、母シンプリシティー、美浦・武井亮厩舎予定、ヒダカファーム生産)は、出資申込受付中。

・ラインスピリット、オープン特別で激走
9日、京都11R「オパールS」(3歳上オープン、芝1200m)で、クラブ所属馬スターストリームの兄ラインスピリット(牡5歳、父スウェプトオーヴァーボード、母リボンストライプ、栗東・松永昌博厩舎、藤原牧場生産)が、森一馬騎手の騎乗で単勝最低人気ながら見事に逃げ切り優勝した。通算28戦6勝。現在、佐賀に転籍中の妹にも早くの中央復帰を願いたい。なお、藤原牧場生産のPEGASUS7(牝1歳、父タイキシャトル、母リルティングソング、美浦・和田正一郎厩舎予定)は、出資申込受付中。