スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(7/11付)
・ムーンクレスト、知多特別V
9日、中京「知多特別」(3歳上1000万下、芝1400m、ハンデ)で、クラブ所属のムーンクレストが、不良馬場の中、好位追走から直線での追い比べをアタマ差制して優勝した。ムーンクレストは牡4歳、父アドマイヤムーン、母ビューティーコンテスト、栗東・本田優厩舎、三嶋牧場生産。昨年11月の近江特別以来の勝利で、降級2戦目で再度1000万下条件をクリアした。通算20戦4勝。なお、ムーンクレストと同じ三嶋牧場生産のPEGASUS23(牝1歳、父キングズベスト、母チアズグレイス、栗東・松永昌博厩舎予定)は現在出資申込受付中。

・ジュアンマリエ、5馬身差の快勝
10日、札幌9R 3歳上500万下(ダ1700m)で、クラブ所属のジュアンマリエが、2番手追走から直線に向いたところで先頭に立つと、後続を突き放し、2着に5馬身差をつけて快勝した。ジュアンマリエは牝3歳、父ダイワメジャー、母マリアージュ、美浦・池上昌弘厩舎、矢野牧場生産。レースを経験しながら、徐々に力をつけており、4勝を挙げた母に追いつき追い越してもらいたい。通算13戦2勝。なお、妹のPEGASUS12(牝1歳、父マンハッタンカフェ、美浦・池上昌和厩舎予定)は現在出資申込受付中。

・PEGASUS21の兄が天の川賞V
10日、福島「天の川賞」(3歳上1000万下、ダ1700m)で、PEGASUS21(牝1歳、父アイルハヴアナザー、母ソーゴル、栗東・森田直行厩舎予定、畠山牧場生産)の兄シュミット(牡6歳、父Tapit、美浦・斎藤誠厩舎)が、2着に2馬身差をつけて優勝した。近走はやや成績を落としていたため単勝9番人気の評価だったが、このクラスでたびたび好走していた実力を発揮し、4勝目を飾った。通算33戦4勝。なお、PEGASUS21は現在出資申込受付中。