スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(6/27付)
・ルドルフィーナ、圧巻の大差勝ち
25日、阪神4R 3歳未勝利(ダート2000m)で、クラブ所属のルドルフィーナが、4角で先頭に立つと、直線では独走になり、最終的には2着に2.0秒もの差をつけて圧勝。見事初勝利を挙げた。ルドルフィーナは、牡3歳、父シンボリクリスエス、母アメーリア、栗東・松永昌博厩舎、村上欽哉牧場生産。昨年10月のデビューから、8戦目での初勝利となった。脚抜きが良い馬場とは言え、勝ち時計も優秀で、今後の活躍が大いに楽しみになった。

・岡田牧場生産のシニスターミニスター産駒が新馬勝ち
25日、函館6R 2歳新馬(ダート1000m)で、オアシスクイーン(牝2歳、父シニスターミニスター、母リッピアピンク、栗東・佐藤正雄厩舎、岡田牧場生産)が、軽快なスピードで逃げ切り勝ち。1番人気に応えて新馬勝ちを収めた。なお、岡田牧場生産のシニスターミニスター産駒はPEGASUS14(牡1歳、母フォーチュネイター、美浦・武井亮厩舎予定)がラインナップされている。

・アイルハヴアナザー産駒初勝利
25日、東京5R 2歳新馬(芝1600m)で、2016年の新種牡馬アイルハヴアナザー産駒のアンノートルが優勝し、産駒の初勝利を挙げた。米二冠馬の産駒がまず1つ目の勝利を挙げ、今後どのような活躍を見せるか注目したい。なお、アイルハヴアナザー産駒は、PEGASUS21(牝1歳、母ソーゴル、栗東・森田直行厩舎予定、畠山牧場生産)がラインナップされている。

・ヒダカファーム生産馬、後方一気で準オープン快勝
25日、東京11R「夏至S」(3歳上1600万下、ダート1400m)で、ヒダカファーム生産のカフジテイク(牡4歳、父プリサイスエンド、母テイクザケイク、栗東・湯窪幸雄厩舎)が、後方追走から末脚一閃で差し切り勝ちを収めた。兄に2012年のサマーチャンピオンを勝ったテイクアベット、クラブ所属で4勝を挙げたテイクエイムがいる血統。今年2月に準オープンの河原町Sを勝っており、ここは降級戦だった。通算17戦5勝。なお、ヒダカファーム生産馬はPEGASUS15(牡1歳、父バトルプラン、母シンプリシティー、美浦・竹内正洋厩舎予定)、PEGASUS32(牡1歳、父ノボジャック、母エンジェルシェア、栗東・松下武士厩舎予定)がラインナップされている。

・大島牧場生産馬、連闘での連勝で1000万下を快勝
26日、阪神12R「リボン賞」(3歳上1000万下、ダート1400m)で、大島牧場生産のワンダーリーデル(牝3歳、父スタチューオブリバティ、母アストレアピース、栗東・沖芳夫厩舎)が、好位追走から直線抜け出して優勝した。18日の阪神で500万下を勝っており、連闘での連勝となった。通算9戦3勝。なお、大島牧場生産馬はPEGASUS17(牝1歳、父エイシンフラッシュ、母オオシマセリーヌ、栗東・渡辺薫彦厩舎予定)がラインナップされている。

・PEGASUS2016通常受付は7/1(金)スタート
2016年度1歳募集馬の通常受付は、7月1日(金)9:00~スタートします。先着順での受付となります。電話、ホームページの専用フォームよりお申し込み下さい。満口馬のキャンセル待ち受付も同時に開始します。なお、PEGASUS20(牝1歳、父オルフェーヴル、母ハーマジェスティ)は残10%、PEGASUS26(牝1歳、父オルフェーヴル、母スターズインハーアイズ)は残口少、PEGASUS27(牝1歳、父ディープインパクト、母メイデイローズ)は残15%となっております。また、先行募集していたPEGASUS1(牡1歳、父ルーラーシップ、母バロネッセ)は引き続き出資申込受付中です。