スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(6/20付)
・ヒアカムズザサン、ジークグランツの兄弟が惜敗続きにピリオド
18日、東京2R 3歳未勝利(牝、ダート1600m)で、ヒアカムズザサン(牡4歳、父ステイゴールド、母ブリリアントレイ、栗東・今野貞一厩舎、下河辺牧場生産)の妹で、ジークグランツ(牡2歳、父ステイゴールド、栗東・野中賢二厩舎)の姉ブライトガーランド(牝3歳、父ダイワメジャー、美浦・矢野英一厩舎)が、最後までしぶとく粘って逃げ切り勝ち。惜敗続きにピリオドを打ち、12戦目で初勝利を挙げた。同じく惜敗の続く兄も妹の勝利に続いてもらいたいところだ。

・ノボジャック産駒、新馬勝ち
18日、東京5R 2歳新馬(ダート1400m)で、ノボジャック産駒のネコワールド(牡2歳、母イーグルフォンテン、美浦・堀井雅広厩舎)が、2番手から楽々抜け出して優勝した。ノボジャック産駒は、クラブ所属馬オールブランニューや現役活躍中のブラゾンドゥリスなど、産駒の数が決して多くない中で好成績を残していると言って良いだろう。なお、ノボジャック産駒のPEGASUS32(牡1歳、母エンジェルシェア、栗東・松下武士厩舎、ヒダカファーム生産)は出資申込受付中。

・函館の新馬戦2鞍はともにキンシャサノキセキ産駒
先週より開幕した函館競馬。18日5R 2歳新馬(芝1000m)で、ザベストエバーが優勝。19日5R 2歳新馬(芝1200m)で、モンドキャンノが優勝。2鞍の新馬戦はともにキンシャサノキセキ産駒が勝利を飾った。キンシャサノキセキ産駒は現2歳が3世代目となるが、ますますの活躍が期待できそうだ。なお、キンシャサノキセキ産駒のPEGASUS5(牝1歳、母ミルトス、美浦・相沢郁厩舎、白井牧場生産)は出資申込受付中。

・ゴールドアリュール産駒、ユニコーンS優勝
19日、東京「ユニコーンS・G3」(ダート1600m)で、ゴールドアリュール産駒のゴールドドリーム(牡3歳、母モンヴェール、栗東・平田修厩舎)が、ストロングバローズとの人気馬同士の競り合いを制して、重賞初勝利を挙げた。ダート界の大物を次々と輩出する父の産駒から、また1頭大物誕生となるか。なお、ゴールドアリュール産駒のPEGASUS24(牝1歳、母ファンドリオボッコ、栗東・高橋義忠厩舎予定、宮内牧場生産)は出資申込受付中。

・PEGASUS2016出資申込受付スタート
2016年度1歳募集馬の出資申込の受付が、6月20日(月)からスタートしました。1次受付期間は6月24日(金)17:00までです。1次受付期間内に募集口数を超えるお申込みがあった募集馬につきましては抽選とります。抽選結果は6月27日(月)に郵送で発送します。なお、先着順の通常受付は7月1日(金)9:00より開始致します。詳しくは募集要項をご覧ください。