スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(5/16付)
・岡本牧場生産馬ストレイトガール、ヴィクトリアM連覇
15日、東京「ヴィクトリアマイル・G1」(芝1600、牝)で、岡本牧場生産のストレイトガール(牝7歳、父フジキセキ、母ネヴァーピリオド、栗東・藤原英昭厩舎)が、直線内めから鋭く抜け出して優勝。堂々ヴィクトリアマイル連覇を達成し、G1・3勝目を挙げた。また、7歳牝馬による平地G1制覇は史上初の快挙。なお、岡本牧場生産のPEGASUS18(オールージュ、牡2歳、父トビーズコーナー、母フィリグリーレース、栗東・加用正厩舎)は出資申込受付中。

・日進牧場生産馬、3連勝でオープン勝ち
15日、京都「栗東S」(4歳以上オープン、ダ1400、ハンデ)で、日進牧場生産のキングズガード(牡5歳、父シニスターミニスター、母キングスベリー、栗東・田中章博厩舎)が、直線外から力強く差し切り優勝。初のオープン挑戦も物ともせず3連勝を果たした。なお、日進牧場生産のPEGASUS11(アンジュラミエル、牝2歳、父カネヒキリ、母ボンヌマール、栗東・佐々木晶三厩舎)は出資申込受付中。

・グランド牧場生産馬、準オープン快勝
14日、京都「錦S」(4歳以上1600万下、芝1600、ハンデ)で、グランド牧場生産のダイシンサンダー(牡5歳、父アドマイヤムーン、母イチゴイチエ、栗東・須貝尚介厩舎)が、直線鮮やかに抜け出して優勝。通算5勝目を挙げ、再オープン入りを果たした。なお、グランド牧場生産のPEGASUS26(バンパークロップ、牝2歳、父クロフネ、母グレートハーベスト、美浦・藤原辰雄厩舎)は出資申込受付中。

・トビーズコーナー、門別で産駒初勝利
4月28日、門別「フレッシュチャレンジ(2歳新馬)」(ダ1200)で、新種牡馬トビーズコーナー産駒のリシュリュー(牡2歳、母サクセスイザベラ、ホッカイドウ・角川秀樹厩舎)が2着に9馬身差の圧勝でデビュー勝ち。トビーズコーナー産駒の初勝利を挙げた。なお、トビーズコーナー産駒はPEGASUS18(オールージュ、牡2歳、母フィリグリーレース、栗東・加用正厩舎、岡本牧場生産)、PEGASUS30(サンドベージュ、牝2歳、母アムネリス、美浦・和田雄二厩舎、ヒダカファーム生産)が出資申込受付中。