スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(4/18付)
・スズカゼの兄が初勝利
17日、阪神3R 3歳未勝利(ダート1400m)で、PEGASUS31(馬名:スズカゼ、牝2歳、父ディープブリランテ、母バレンソール、美浦・伊藤正徳厩舎、藤原牧場生産)の兄ラインフィール(牡3歳、父デュランダル、栗東・松永昌博厩舎)が、2番手から抜け出し快勝した。兄にはクラブ所属で3勝を挙げているシップウがいる。なお、スズカゼは美浦トレセンに入厩しているため、出資申込の受付は終了しております。

・服部牧場生産馬、皐月賞制覇
17日、中山競馬場で行われた牡馬クラシック第1弾「皐月賞・G1」で、服部牧場生産のディーマジェスティ(牡3歳、父ディープインパクト、母エルメスティアラ、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)が優勝。見事ビッグタイトルを獲得した。服部牧場生産馬のクラシック制覇は、1996年皐月賞のイシノサンデー以来2頭目。なお、服部牧場生産馬はPEGASUS39(馬名:カクタスバンガー、牡2歳、父マンハッタンカフェ、母フレンチカクタス、美浦・大竹正博厩舎予定)が出資申込受付中。ぜひとも服部牧場生産馬から2年連続でクラシック出走馬が登場してもらいたいところだ。

・グレートブレス、中央再転入の条件クリア
14日、船橋9R「春風賞」(ダート1000m)で、クラブ所属のグレートブレス(牡4歳、父ジャイアントレッカー、母フォーチュネイター、船橋・佐藤裕太厩舎、岡田牧場生産)が、好位追走から直線半ばで悠々と先頭に立つと、最後は流す余裕を見せて優勝。地方転籍後、6戦で3勝目を挙げ、中央再転入の条件をクリアした。なお今後は、元に所属していた栗東・佐藤正雄厩舎に転厩する予定。