スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(2/22付)
・PEGASUS29の兄が2勝目
20日、小倉6R 4歳以上500万下(ダート2400m)で、PEGASUS29(牝2歳、父エンパイアメーカー、母プレシャスキール、美浦・武井亮厩舎予定、辻牧場生産)の兄キールコネクション(牡4歳、父ディープスカイ、美浦・尾関知人厩舎、笠松牧場生産)が、好位から手応え良く抜け出して快勝。通算2勝目をマークした。マルゼンスキーの近親にあたる血統で、兄弟は堅実な成績を残している。なお、PEGASUS29は現在出資申込受付中。

・PEGASUS14の姉が2勝目
21日、小倉8R 4歳以上500万下(芝1200m)で、PEGASUS14(牝2歳、父ジャングルポケット、母カーリーエンジェル、栗東・牧浦充徳厩舎予定、松田牧場生産)の姉シャンデリアハウス(牝4歳、父ヴァーミリアン、栗東・牧浦充徳厩舎、ノーザンファーム生産)が、直線入口で先頭に立ちそのまま押し切って快勝。通算2勝目をマークし、名繁殖牝馬の産駒勝利をまた1つ加算した。なお、PEGASUS14は残口が僅かとなっているため、お早目にお申込み下さい。

・エターナルユースの兄が特別勝ち
21日、小倉10R「小倉城特別」(4歳以上500万下、芝2000m)で、クラブ所属のエターナルユース(牝3歳、父クロフネ、母アマランス、栗東・宮徹厩舎、岡田牧場生産)の兄デンコウインパルス(牡4歳、父バゴ、栗東・本田優厩舎)が、3番手から抜け出して快勝。通算2勝目をマークした。母アマランスも元クラブ所属馬で、母自身は未勝利に終わったが、新馬勝ちしたエターナルユースなど産駒に能力を伝えている。

・PEGASUS33のおじが初勝利
21日、小倉4R 3歳未勝利(芝2000m)で、PEGASUS33(牝2歳、父ハービンジャー、母ウインマリアベール、美浦・小島茂之厩舎予定、村上欽哉牧場生産)のおじゼンノタヂカラオ(牡3歳、父キングカメハメハ、母ダイヤモンドビコー、栗東・中内田充厩舎、村上欽哉牧場生産)が、惜敗続きにピリオドを打ち6戦目で初勝利を挙げた。母ダイヤモンドビコーは最優秀古牝馬のタイトルを獲得している名牝。なお、PEGASUS33は現在出資申込受付中。