スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(1/18付)
・先行募集馬-1の姉がオープン勝ち
16日、中山11R「カーバンクルS」(4歳上オープン、芝1200m)で、先行募集馬-1(牡1歳、父ルーラーシップ、母バロネッセ、美浦・黒岩陽一厩舎予定、松浦牧場生産)の姉カハラビスティー(牝7歳、父ダイワメジャー、美浦・伊藤大士厩舎)が、2番手から抜け出して優勝し、自身初のオープン勝ちを果たした。7歳にして進化を遂げ、息の長い活躍を見せている。なお、先行募集馬-1は出資申込受付中。

・グランド牧場生産のパイロ産駒が新馬勝ち
17日、中京6R 3歳新馬(ダ1400m)で、グランド牧場生産のパイロ産駒ブライスガウ(牝3歳、母プリモスター、栗東・岡田稲男厩舎)が、2着に5馬身差の完勝で新馬勝ちを果たした。なお、グランド牧場生産のパイロ産駒はPEGASUS27(牝2歳、母ローズカーニバル、美浦・伊藤圭三厩舎予定)が出資申込受付中。また、ブライスガウのいとこPEGASUS26(牝2歳、父クロフネ、母グレートハーベスト、美浦・藤原辰雄厩舎予定、グランド牧場生産)も出資申込受付中。

・村上欽哉牧場生産馬が2つの特別勝ち
17日、京都9R「五条坂特別」(4歳上1000万下、ダ1900m)で、トラキチシャチョウ(牡5歳、父マヤノトップガン、母タイキプレリュード、栗東・目野哲也厩舎)が優勝。また、同日の中京10R「はこべら賞」(3歳500万下、ダ1400m)で、ドライヴナイト(牡3歳、父カジノドライヴ、母カウントオンミー、栗東・奥村豊厩舎)が優勝。村上欽哉牧場生産馬が2つの特別勝ちを挙げた。なお、村上欽哉牧場生産馬は、PEGASUS17(牝2歳、父ゼンノロブロイ、母ウイントゥルーラヴ、栗東・高橋亮厩舎予定)、PEGASUS33(牝2歳、父ハービンジャー、母ウインマリアベール、美浦・小島茂之厩舎予定)、PEGASUS34(牝2歳、父ハービンジャー、母ジターナ、美浦・加藤征弘厩舎予定)の3頭が出資申込受付中。