スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(11/16付)
・PEGASUS16の姉が初勝利
15日、東京1R 2歳未勝利(ダ1400m)で、PEGASUS16(牝、父ハーツクライ、母ソフィアルージュ、栗東・吉田直弘厩舎予定、宮内牧場生産)の姉ジャルーズ(牝2歳、父エンパイアメーカー、美浦・栗田徹厩舎)が、初ダートで力を発揮しデビュー3戦目で初勝利を挙げた。ソフィアルージュの産駒は3勝のキセキノハナをはじめ6頭中5頭が中央で勝利を挙げ、残る1頭も2着があるという、堅実で優秀な繁殖成績を残している。PEGASUS16は現在出資申込受付中。

・岡田牧場生産馬、福島記念優勝
15日、福島11R「福島記念・GⅢ」(芝2000m・ハンデ)で岡田牧場生産のヤマカツエース(牡3歳、父キングカメハメハ、母ヤマカツマリリン、栗東・池添兼雄厩舎)が、重馬場をものともせず中団から差し切って優勝。今年のニュージーランドTに次ぐ重賞2勝目を挙げた。また、同日の福島10R「福島2歳S」(オープン・芝1200m)でもラズールリッキー(牝2歳、父スタチューオブリバティ、母コリンズグラス、美浦・武井亮厩舎)が逃げ切って連勝でオープン勝ちを決め、岡田牧場生産馬が準メイン、メインレースを連勝した。その岡田牧場生産馬はPEGASUS4(牝、父ハービンジャー、母ホットフレイバー、栗東。佐藤正雄厩舎予定)、PEGASUS5(牝、父マンハッタンスカイ、母ソプランマリダフ、栗東・吉村圭司厩舎予定)、PEGASUS37(牡、父マンハッタンスカイ、母ノーザンジュン、美浦・武井亮厩舎予定)の3頭が出資申込受付中。