スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(7/27付)
・セクシーボーイ、順当に3勝目
26日、函館7R 3歳以上500万下(ダート1000m)で、クラブ所属のセクシーボーイが好位から抜け出して優勝した。セクシーボーイは父スマートボーイ、母ミリョクの4歳牡馬、美浦・伊藤圭三厩舎、グランド牧場生産。降級2戦目での順当な勝利で通算3勝目。なお、セクシーボーイと同じグランド牧場生産馬は、PEGASUS26(牝、父クロフネ、母グレートハーベスト、美浦・藤原辰雄厩舎予定)と、PEGASUS27(牝、父パイロ、母ローズカーニバル、美浦・伊藤圭三厩舎予定)が現在出資申込受付中。

・谷岡牧場生産、福島テレビオープンV
26日、福島11R「福島テレビオープン」(芝1800m)で、谷岡牧場生産馬サクラアルディート(牡7歳、父ディープインパクト、母セダンフォーエバー、栗東・岡田厩舎)が、ゴール前の叩き合いを制して優勝した。AJCC(G2)2着の実績馬で、約2年半ぶりの勝利となった。谷岡牧場生産でサクラアルディートの近親にあたるクラブ所属馬アリアカンタービレ(牝2歳、父ロージズインメイ、母サクラアリア、栗東・高橋康之厩舎)にも活躍を期待したい。