スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(10/7付)
・PEGASUS20の兄が初勝利
10/6、東京2R 2歳未勝利(ダート1400m)で、PEGASUS20(牝1歳、父クロフネ、母スズカエルマンボ、栗東・矢作芳人厩舎予定、グランド牧場生産)の兄スズカコーズマンボ(牡2歳、父スズカコーズウェイ、美浦・伊藤圭三厩舎)が、直線一気の末脚で突き抜けて優勝。3戦目で初勝利を挙げた。姉にはクラブ所属で重賞2勝のクイーンマンボがいる血統。なお、PEGASUS20は満口となっている。スズカコーズマンボと同じスズカコーズウェイ産駒、グランド牧場生産、伊藤圭三厩舎予定のPEGASUS38(牝1歳、母セクシーシューズ)は出資申込受付中。

・三嶋牧場生産馬、毎日王冠V
10/6、東京11R「毎日王冠・G2」(芝1800m)で、三嶋牧場生産のダノンキングリー(牡3歳、父ディープインパクト、母マイグッドネス、美浦・萩原清厩舎)が、出遅れながらも直線で一気に突き抜けて優勝。古馬との初対戦のレースで、堂々2つ目の重賞タイトルを獲得した。三嶋牧場生産のPEGASUS27(牡1歳、父ハーツクライ、母ワンダーフィリー、栗東・武幸四郎厩舎予定)は、10/5の2歳重賞サウジアラビアロイヤルカップ(G3)で、産駒がワンツーを決めたハーツクライ産駒。出資申込受付中。

・服部牧場生産馬、白山大賞典V
10/1、金沢「白山大賞典・Jpn3」(ダート2100m)で、服部牧場生産のグリム(牡4歳、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、栗東・野中賢二厩舎)が、4角先頭から押し切って優勝した。同レース連覇を達成し、重賞5勝目。服部牧場生産のPEGASUS11(牝1歳、父モーリス、母マスターエクレール、栗東・上村洋行厩舎予定)は、出資申込受付中(PEGASUS10は満口)。