スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(10/23付)
・スティルウォーター、馬群を割ってV
21日、京都8R 3歳以上500万下(芝2200m)で、クラブ所属のスティルウォーターが、重馬場の中、直線馬群を割って追い込み快勝した。スティルウォーターは、牝4歳、父キングカメハメハ、母ソリッドプラチナム、栗東・寺島良厩舎、橋本牧場生産。今年5月21日の新潟(芝2400m)に続く中央2勝目。ここにきて成長が窺え、末脚に磨きがかかっており、いよいよ本格化の兆しだ。

・下河辺牧場生産馬、菊花賞制覇
22日、京都「菊花賞・G1」(芝3000m)で、下河辺牧場生産のキセキ(牡3歳、父ルーラーシップ、母ブリッツフィナーレ、栗東・角居勝彦厩舎)が、極悪馬場での消耗戦を制し優勝。見事、クラシック最後のタイトルを獲得した。なお、下河辺牧場生産のPEGASUS18(牡1歳、父エンパイアメーカー、母シャンパンフルート、栗東・今野貞一厩舎予定)は、出資申込受付中。

・高村牧場生産馬、2歳オープン勝ち
21日、東京「アイビーS」(2歳オープン、芝1800m)で、高村牧場生産のコスモイグナーツ(牡2歳、父エイシンフラッシュ、母ナパ、美浦・高橋祥泰厩舎)が、しぶとく逃げ粘って優勝。2歳オープン勝ちを果たした。なお、高村牧場生産のPEGASUS9(牝1歳、父ルーラーシップ、母チェリーエンジェル、栗東・佐々木晶三厩舎予定)は、出資申込受付中。

・ムチャチャマヒカ、金沢で2勝目
17日、金沢9R(ダート1500m)で、クラブ所属で地方転籍中のムチャチャマヒカが、3角過ぎで早めに先頭に立つと、そのまま押し切って快勝した。ムチャチャマヒカは、牝4歳、父カネヒキリ、母ムチャチャララ、金沢・中川雅之厩舎、谷岡牧場生産。地方転籍後2勝目を挙げ、中央再転入の条件クリアにあと1勝に迫った。

・ジークグランツ、地方転籍初戦をV
20日、笠松1R(ダート1400m)で、クラブ所属で地方転籍中のジークグランツが、直線での2頭による競り合いを制して、地方転籍初戦を勝利で飾った。ジークグランツは、牡3歳、父ステイゴールド、母ブリリアントレイ、笠松・笹野博司厩舎、下河辺牧場生産。中央の未勝利戦で勝ち上がることは出来なかったが、再スタートを良いかたちで切り、今後の逆襲を期待したい。