スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(10/2付)
・ムーンクレスト、ポートアイランドS優勝
1日、阪神「ポートアイランドS」(3歳以上オープン、芝1600m)で、クラブ所属のムーンクレストが、2番手から抜け出して、オープン勝ちを挙げた。ムーンクレストは牡5歳、父アドマイヤムーン、母ビューティーコンテスト、栗東・本田優厩舎、三嶋牧場生産。昨年の清水S以来、約1年振りの勝利が、初のオープン勝ちで通算6勝目。今後はさらに大きなタイトル獲得を期待したい。なお、同馬と同じ三嶋牧場提供、本田優厩舎入厩予定のPEGASUS21(牡1歳、父プリサイスエンド、母メイショウアリス)は、出資申込受付中。

・グローバルリーチ、初勝利
9月30日、阪神2R 2歳未勝利(芝1200m)で、クラブ所属のグローバルリーチが、前半は中団後ろで脚を溜めると、直線外から力強く伸びて快勝した。グローバルリーチは牡2歳、父シニスターミニスター、母マスターセイレーン、栗東・高橋康之厩舎、服部牧場生産。デビュー4戦目での初勝利で、クラブ所属の2歳馬の勝ち上がり第1号となった。なお、同馬と同じ服部牧場生産のPEGASUS28(牝1歳、父ショウナンカンプ、母レディセラヴィ、美浦・新規開業厩舎予定)は、出資申込受付中。