スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオン・ヘッドライン(1/15付)
1月14日中山競馬、降雪のため5R以降開催中止
1月14日(月)の中山競馬は降雪のため、5レース以降の開催が中止となった。降雪による開催中止は2011年2月12日の小倉競馬以来、中山競馬では2006年1月21日以来の出来事となった。ユニオン所属馬は5レース新馬戦・ヴェルタート(田辺)、6レース、ベイビーイッツユー(江田照)、9レース「成田特別」・オネストエイブ(津村)が出走を予定していた。なお、中止となったレースは代替競馬として、1月21日(月)に出馬投票をやり直して開催される。

ゴールドシップ、最優秀3歳牡馬を受賞
7日、2012年のJRA賞各賞が発表された。年度代表馬は牝馬三冠を達成したジェンティルドンナ。そして最優秀3歳牡馬はゴールドシップ。ゴールドシップはペガサス43(スウェプトオーヴァーボード×イフリータ)を提供している出口牧場生産。皐月賞、菊花賞、有馬記念と3つのG1を制し、記者投票では満票を獲得して、最優秀3歳牡馬を受賞した。

武豊騎手3,500勝達成
武豊騎手は、1月13日(日)京都5レース・3歳未勝利戦をカレンケカリーナで優勝し、前人未到の通算3,500勝を達成した。1987年のデビューから26年目での記録達成。もちろん史上最速である。なお、武豊騎手とプロサイクリスト別府史之選手の対談はマイホース1月号にて掲載。

テイクエイムの弟、テイクファイア新馬勝ち
1月13日(日)京都3レース・3歳新馬戦(ダート1200m)でテイクファイアが優勝した。テイクファイアは父サウスヴィグラス、母テイクザケイクの牡馬。栗東・湯窪幸雄厩舎所属。半兄にクラブ所属で現役活躍中のテイクエイムや昨年のサマーチャンピオン(JpnⅢ)を勝ったテイクアベットがいる。テイクエイムは1月26日の京都で8ヶ月ぶりに戦列に復帰予定で弟の活躍に負けてはいられない。なお、同馬を生産したヒダカファームからはペガサス12(フォーティナイナーズサン×ミューズマジック)、ペガサス25(スキャン×リュウダイヤモンド)の2頭の2歳馬が現在出資申込受付中。


ユニオン・ヘッドラインは以上です。