スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(4/24付)
・ベストティアーズ、初勝利
23日、東京4R 3歳未勝利(芝1400m)で、クラブ所属のベストティアーズが、道中は後方で脚を溜め、直線で外から差し切り優勝した。ベストティアーズは牝3歳、父ハーツクライ、母ベストブート、美浦・小島太厩舎、上水牧場生産。新馬戦で2着の後は、レースで掛かるところを見せて結果が伴っていなかったが、今回はじっくり脚を溜めて決め手を発揮。5戦目で初勝利を挙げた。

・ムチャチャマヒカ、地方初勝利
18日、金沢8R 「北前船特別」(ダート1400m)で、地方転籍中のクラブ所属馬ムチャチャマヒカが、直線で脚を伸ばし前を交わして優勝した。ムチャチャマヒカは牝4歳、父カネヒキリ、母ムチャチャララ、金沢・中川雅之厩舎、谷岡牧場生産。金沢転籍3戦目で念願の初勝利。あと2勝して中央復帰の条件クリアを目指す。

・クイーンマンボの兄が2勝目
23日、福島7R 4歳以上500万下(ダート1700m)で、クラブ所属のクイーンマンボの兄ダノンプレシャス(牡4歳、父ディープインパクト、母スズカエルマンボ、栗東・角居勝彦厩舎、グランド牧場生産)が、妹の連勝に触発されたか、初ダートで約1年振りとなる2勝目を挙げた。なお、クイーンマンボは次走5/4(木)園田「兵庫チャンピオンシップ・Jpn2」(ダート1870m)に出走予定。
ユニオンヘッドライン(4/17付)
・クイーンマンボ、ダートで連勝
15日、阪神6R 3歳500万下(ダート1800m)で、クラブ所属のクイーンマンボが、中団追走から直線力強く伸びて快勝した。クイーンマンボは、牝3歳、父マンハッタンカフェ、母スズカエルマンボ、栗東・角居勝彦厩舎、グランド牧場生産。デビュー2戦目の3月25日阪神 3歳未勝利戦で勝ち上がり、昇級戦もものともせず連勝を決めた。「チームサンビスタ」の偉大なる先輩にどこまで近づけるか非常に楽しみだ。

・ラホーヤビーチ、復活の2勝目
15日、福島8R 4歳以上500万下(若手騎手限定、芝1200m)で、クラブ所属のラホーヤビーチが、好スタートから最後までしぶとく粘り込んで逃げ切り勝ちを収めた。ラホーヤビーチは、牝5歳、父タイキシャトル、母エアラホーヤ、美浦・伊藤正徳厩舎、藤原牧場生産。2歳の11月に初勝利を挙げた後、紅梅Sで4着に好走していたが、その後は結果がふるわず、今年3月に伊藤正徳厩舎に転厩。その初戦で見事結果を出し、復活を果たした。なお、藤原牧場生産のタイキシャトル産駒は、PEGASUS7(キンパツムスメ、牝2歳、母リルティングソング、美浦・和田正一郎厩舎予定)が、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(4/10付)
・PEGASUS21の兄が初勝利
8日、中山6R 3歳未勝利(ダート1800m)で、PEGASUS21(牝2歳、父アイルハヴアナザー、母ソーゴル、栗東・森田直行厩舎予定、畠山牧場生産)の兄ニーマルサンデー(牡3歳、父ネオユニヴァース、美浦・田村康仁厩舎)が、単勝1.5倍の1番人気に応え、1.52.0の好タイムで2着に3馬身半の差をつけ快勝した。天の川賞など4勝の兄シュミット、秋川特別など3勝の姉プレミオテーラーと兄弟に活躍馬多数いる。なお、PEGASUS21は現在出資申込受付中。

・PEGASUS26の兄が初勝利
9日、福島7R 3歳未勝利(芝2000m)で、PEGASUS26(牝2歳、父オルフェーヴル、母スターズインハーアイズ、栗東・今野貞一厩舎予定、矢野牧場生産)の兄ダノンスターズ(牡3歳、父ハーツクライ、栗東・橋口慎介厩舎)が、直線外からよく伸びて快勝。デビュー4戦目で初勝利を挙げた。クラブ所属の姉スターリーウインドは現役で活躍中。なお、PEGASUS26は満口となっている。

・先行募集馬-2のいとこがニュージーランドT優勝
8日、中山「ニュージーランドT・G2」(芝1600m)で、先行募集馬-2(牡1歳、父ジャスタウェイ、母アポロティアラ、美浦・高木登厩舎予定、山際牧場生産)のいとこジョーストリクトリ(牡3歳、父ジョーカプチーノ、母ジョーアラマート、栗東・清水久詞厩舎、山際牧場生産)が、好位から抜け出し優勝。重賞初制覇を果たした。先行募集馬-2は現在出資申込受付中。また、同レースに出走したスズカゼは惜しくも4着だった。
ユニオンヘッドライン(3/27付)
・クイーンマンボ、初勝利
25日、阪神1R 3歳未勝利(牝馬、ダート1800m)で、クラブ所属のクイーンマンボが、2着に3馬身差をつけて完勝。デビュー2戦目とダート替わりで一変し、初勝利を挙げた。クイーンマンボは牝3歳、父マンハッタンカフェ、母スズカエルマンボ、栗東・角居勝彦厩舎、グランド牧場生産。まずは1つ勝ち星を挙げて一安心。余力充分の強い勝ちっぷりで、昇級してからも楽しみだ。

・スターストリーム、中央再転入の条件クリア
24日、笠松6R(ダート1400m)で、クラブ所属で地方在籍中のスターストリームが、2番手追走から直線で楽に抜け出して快勝した。スターストリームは、牝4歳、父ダイワメジャー、母リボンストライプ、笠松・笹野博司厩舎、藤原牧場生産。中央の未勝利戦で勝ち上がれず、佐賀、笠松と転籍し、この勝利で地方転籍後3勝目をマーク。今後は栗東・千田輝彦厩舎で中央に復帰する予定。

・桜井牧場生産馬、高松宮記念制覇
26日、中京「高松宮記念・G1」(芝1200m)で、PEGASUS4(サラドリーム、牝2歳、父ロードカナロア、母サイレントソニック、満口)を提供している桜井牧場生産のセイウンコウセイ(牡4歳、父アドマイヤムーン、母オブザーヴァント、美浦・上原博之厩舎)が、G1初挑戦ながら好位から抜け出す横綱相撲で見事優勝。G1タイトルを獲得した。桜井牧場にとっても嬉しい生産馬の初G1制覇。同馬の姉にはクラブ所属で1勝を挙げたアステュートがいる。

・シニスターミニスター産駒、マーチS優勝
26日、中山「マーチS・G3」(ハンデ、ダート1800m)で、シニスターミニスター産駒のインカンテーション(牡7歳、母オリジナルスピン、栗東・羽月友彦厩舎)が、先団から抜け出して優勝し、1年10ヶ月振り、通算4つ目の重賞勝ちを挙げた。シニスターミニスター産駒は同馬をはじめ、コウエイエンブレム(服部牧場生産)、キングズガード(日進牧場生産)、マイネルバサラらが、ダート戦線で活躍している。なお現在、PEGASUS14(アストロローグ、牡2歳、母フォーチュネイター、美浦・武井亮厩舎予定、岡田牧場生産)、PEGASUS31(牡2歳、母マスターセイレーン、栗東・高橋康之厩舎予定、服部牧場生産)、PEGASUS33(牡2歳、母フォルクスオーパー、栗東・木原一良厩舎予定、宮内牧場生産)と3頭のシニスターミニスター産駒が、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(3/21付)
・服部牧場生産馬、若葉S快勝
18日、中山「若葉S」(3歳オープン、芝2000m)で、服部牧場生産のアダムバローズ(牡3歳、父ハーツクライ、母チャチャリーノ、栗東・角田晃一厩舎)が、2番手追走から直線早めに抜け出して優勝した。若駒Sに続くオープン特別連勝で通算4勝目をマークし、皐月賞への優先出走権も獲得した。なお、服部牧場生産馬はPEGASUS31(グローバルリーチ、牡2歳、父シニスターミニスター、母マスターセイレーン、栗東・高橋康之厩舎予定)が出資申込受付中。

・矢野牧場生産馬、皐月賞優先出走権獲得
19日、中山「スプリングS・G2」(芝1800m)で、矢野牧場生産のプラチナヴォイス(牡3歳、父エンパイアメーカー、母プレザントブリーズ、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線一旦先頭に立ち、最後は2頭に交わされはしたが3着を確保。皐月賞への優先出走権を獲得した。なお、矢野牧場生産馬はPEGASUS12(ティアマリア、牝2歳、父マンハッタンカフェ、母マリアージュ、美浦・池上昌和厩舎予定)が、出資申込受付中。

・白井牧場生産馬、ファルコンS2着
18日、中京「ファルコンS・G3」(芝1400m)で、白井牧場生産のボンセルヴィーソ(牡3歳、父ダイワメジャー、母バイモユリ、栗東・池添学厩舎)が、好位からしぶとく脚を伸ばし2着に入線した。朝日杯FS3着の実績もあり、3歳短距離~マイル路線でトップクラスの実力を示した。なお、白井牧場生産馬はPEGASUS5(マートルリース、牝2歳、父キンシャサノキセキ、母ミルトス、美浦・相沢郁厩舎予定)が、出資申込受付中。