スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(8/21付)
・PEGASUS11の姉が特別勝ち
20日、小倉「戸畑特別」(3歳上1000万下、芝1200m)で、PEGASUS11(牝1歳、父ローエングリン、母チーキーガールズ、栗東・牧浦充徳厩舎予定、飛野牧場生産)の姉スマートグレイス(牝5歳、父ヤマニンセラフィム、栗東・河内洋厩舎)が、好タイムで完勝し特別勝ち。通算4勝目を挙げ1000万下をクリアした。淀短距離S(オープン)勝ちのアイラブリリ(父ストラヴィンスキー)をはじめスピード豊富な兄弟である。PEGASUS11は、出資申込受付中。

・畠山牧場生産馬、サマーチャンピオンV
16日、佐賀「サマーチャンピオン・JpnⅢ」(ダート1400m)で、畠山牧場生産のラインシュナイダー(牡5歳、父ヴァーミリアン、母トウジュ、栗東・沖芳夫厩舎)が、タムロミラクルとの追い比べを制して優勝。これまでの戦績で2着13回の堅実派が、重賞初挑戦で初制覇を果たした。重賞勝ち馬を母に持つ、畠山牧場生産のPEGASUS14(牝1歳、父ハービンジャー、母アルコセニョーラ、栗東・松下武士厩舎予定)は、出資申込受付中。

・辻牧場生産馬、札幌で1日3勝
19日、1R(2歳未勝利)でディバインブリーズ、8R(3歳上500万下)でスズカロング、11R(札幌日刊スポーツ杯)でリッジマンがそれぞれ優勝。辻牧場生産馬が札幌で1日3勝を挙げる活躍を見せた。辻牧場生産馬はジャスタウェイ産駒の2頭、PEGASUS10(牝1歳、母ファニーモーク、栗東・松田国英厩舎予定)、PEGASUS26(牝1歳、母アドマイヤラブ、美浦・新規開業厩舎予定)が、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(8/7付)
・ブルースカイハーツ、初勝利
5日、新潟7R 3歳未勝利(芝2200m)で、クラブ所属のブルースカイハーツが、馬群を割って抜け出して快勝した。ブルースカイハーツは、牡3歳、父ハーツクライ、母エイプリルスカイズ、美浦・手塚貴久厩舎、タバタファーム生産。2014年セレクトセールでクラブが購入した先行募集馬。これまで見せなかった末脚を繰り出し、8戦目で待望の初勝利となった。同馬と同じセレクトセール購入の関東入厩予定馬PEGASUS2(牡1歳、父ジャスタウェイ、母アポロティアラ、美浦・高木登厩舎予定)は、出資申込受付中。

・PEGASUS30の兄が初勝利
6日、新潟1R 2歳未勝利(芝1600m)で、PEGASUS30(牝1歳、父キンシャサノキセキ、母オスカルフランソワ、美浦・青木孝文厩舎予定、藤原牧場生産)の兄ダンツセイケイ(牡2歳、父ダイワメジャー、栗東・山内研二厩舎)が、楽に逃げ切って快勝。デビュー2戦目で初勝利を挙げた。PEGASUS30は、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(7/24付)
・バンパークロップ、デビュー2連勝
23日、福島8R 3歳以上500万下(ダート1700m、牝馬)で、クラブ所属のバンパークロップが、3角から追い上げ、直線に向くと一気に抜け出して優勝した。バンパークロップは牝3歳、父クロフネ、母グレートハーベスト、美浦・藤原辰雄厩舎、グランド牧場生産。7月2日のデビュー勝ちから、昇級戦も一発でクリアし、無傷の2連勝を挙げた。今後の飛躍が楽しみだ。なお、グランド牧場生産馬は、PEGASUS6(牝1歳、ヴィクトワールピサ×フレンチリヴィエラ)、PEGASUS7(牝1歳、ディープインパクト×アドマイヤアモーレ)、PEGASUS23(牝1歳、ヴィクトワールピサ×スズカエンジェル)、PEGASUS24(牝1歳、ゴールドアリュール×ダッシングハニー)、PEGASUS25(ジャスタウェイ×プレシャスジェムズ)の5頭が出資申込受付中。3歳世代の募集馬3頭がすべて勝ち上がりのグランド牧場生産馬にご注目ください。

・スプレーモゲレイロ、障害初勝利
22日、福島1R 障害3歳上未勝利(芝2770m)で、クラブ所属のスプレーモゲレイロが、中団追走からレース後半に徐々に差を詰め、直線の最終障害飛越後に抜け出し、1着でゴールした。スプレーモゲレイロは牡4歳、父ローレルゲレイロ、母スキャニングジョイ、栗東・佐藤正雄厩舎、岡田牧場生産。平地では園田の交流で1勝を挙げており、障害入り5戦目で通算2勝目をマークした。障害戦に強い血統で、オープン入り後も活躍を期待したい。なお、岡田牧場生産馬は、PEGASUS5(牝1歳、父ルーラーシップ、母ホットフレイバー、栗東・宮徹厩舎予定)が、出資申込受付中。

・谷岡牧場生産馬、函館2歳S優勝
23日、函館「函館2歳S・G3」(芝1200m)で、谷岡牧場生産のカシアス(牡2歳、父キンシャサノキセキ、母ラブディラン、栗東・清水久詞厩舎)が優勝。世代最初の重賞ウイナーとなった。同馬のおばにはクラブ所属のロマンザ(牝2歳、父ヴィクトワールピサ、母ゴンチャローワ、美浦・栗田徹厩舎、谷岡牧場生産)がいる。
ユニオンヘッドライン(7/10付)
・PEGASUS12の兄がプロキオンS優勝
9日、中京「プロキオンS・G3」(ダート1400m)で、PEGASUS12(牝1歳、父クロフネ、母キングスベリー、栗東・寺島良厩舎予定、日進牧場生産)の兄キングズガード(牡6歳、父シニスターミニスター、栗東・寺島良厩舎)が、強烈な末脚を繰り出して優勝した。ダートのオープンで2勝を挙げている実力馬が、待望の重賞初制覇を果たした。通算27戦8勝。なお、PEGASUS12は出資申込受付中。父は9日に史上11頭目のJRA通算1200勝を達成した名種牡馬。兄と同じ寺島厩舎に入厩予定で、さらに期待は高まる。

・PEGASUS19の姉が交流重賞V
6日、川崎「スパーキングレディーカップ・Jpn3」(ダート1600m、牝)で、PEGASUS19(牡1歳、父ロードカナロア、母ティックルピンク、栗東・中内田充正厩舎予定、辻牧場生産)の姉アンジュデジール(牝3歳、父ディープインパクト、栗東・昆貢厩舎)が、3歳馬ながら強豪古馬を退けて優勝。前走「関東オークス」ではクイーンマンボの2着で、これが重賞初制覇となった。兄にオープンで活躍中のアキトクレッセントがおり、勢いが著しい牝系である。なお、PEGASUS19は満口となっています。
ユニオンヘッドライン(7/3付)
・バンパークロップ、デビュー勝ち
2日、福島1R 3歳未勝利(ダート1700m、牝)で、クラブ所属のバンパークロップが、早め進出から直線力強く前を捕えて優勝。見事、デビュー戦を勝利で飾った。バンパークロップは牝3歳、父クロフネ、母グレートハーベスト、美浦・藤原辰雄厩舎、グランド牧場生産。デビューまで時間は掛かったが、力を発揮してデビュー勝ち。まだまだこの先良くなりそうで、今後の活躍が楽しみだ。なお、バンパークロップと同じグランド牧場生産馬は、PEGASUS6(牝1歳、父ヴィクトワールピサ、母フレンチリヴィエラ、栗東・角居勝彦厩舎予定)、PEGASUS7(牝1歳、父ディープインパクト、母アドマイヤアモーレ、栗東・中内田充正厩舎予定)、PEGASUS23(牝1歳、父ヴィクトワールピサ、母スズカエンジェル、美浦・田中剛厩舎予定)、PEGASUS24(牝1歳、父ゴールドアリュール、母ダッシングハニー、美浦・伊藤圭三厩舎予定)、PEGASUS25(牝1歳、父ジャスタウェイ、母プレシャスジェムズ、美浦・伊藤圭三厩舎予定)の5頭が出資申込受付中。