スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(2/19付)
・ティアドーロ、名古屋で初勝利
15日、名古屋6R(ダート1400m)で、クラブ所属で地方転籍中のティアドーロが、ゴール前で際どく前を捕らえて優勝した。ティアドーロは、牝4歳、父ハーツクライ、母ソフィアルージュ、名古屋・今津博之厩舎、宮内牧場生産。転厩後に順調さを欠き、6ヶ月振りの実戦となったが、きっちり勝利を掴み幸先の良いスタートを切った。あと2勝を挙げ、中央再転入の条件クリアを目指す。なお、ティアドーロの妹にあたるPEGASUS16(牝2歳、父エンパイアメーカー、栗東・吉田直弘厩舎予定)は、出資申込受付中。

・PEGASUS10の兄が小倉でV
17日、小倉8R 4歳以上500万下(ダート1700m)で、PEGASUS10(牝2歳、父ジャスタウェイ、母ファニーモーク、栗東・松田国英厩舎予定、辻牧場生産)の兄ヒルノサルバドール(牡5歳、父ステイゴールド、栗東・昆貢厩舎)が、休み明けの出走ながら力強いレース内容で快勝。中央での2勝目を挙げた。PEGASUS10は出資申込受付中。母の産駒は堅実に勝ち星を重ねており、募集馬も馬体の成長が目立つ一頭。
ユニオンヘッドライン(2/13付)
・エポカドーロ、あすなろ賞V
10日、小倉9R「あすなろ賞」(3歳500万下、芝2000m)で、クラブ所属のエポカドーロが、2着に3馬身半差をつけて逃げ切り快勝した。エポカドーロは、牡3歳、父オルフェーヴル、母ダイワパッション、栗東・藤原英昭厩舎、田上徹氏生産。1月21日の京都・3歳未勝利戦に続く連勝で、通算3戦2勝。3歳のこの時期の2勝目で、クラシック出走に夢が広がった。なお、エポカドーロと同じオルフェーヴル産駒の先行募集馬である、先行募集馬-1(牡1歳、母ビタースウィート、美浦・相沢郁厩舎予定、桜井牧場生産)が出資申込受付中。

・ワタシノロザリオ、500万下V
10日、京都7R 牝馬限定4歳上500万下(ダート1800m)で、クラブ所属のワタシノロザリオが、好位から抜け出して優勝した。ワタシノロザリオは、牝4歳、父ヴァーミリアン、母タイキロザリオ、栗東・湯窪幸雄厩舎、高橋ファーム生産。今年に入ってから連続2着と惜しいレースが続いていたが、ちょうど1年振りとなる2勝目をマークした。通算15戦2勝。なお、高橋ファーム生産で湯窪幸雄厩舎入厩予定のPEGASUS8(牝2歳、父グランプリボス、母オースミエルフ)が出資申込受付中。

・ジークグランツ、中央再転入の条件クリア
6日、笠松6R(ダート1400m)で、クラブ所属で地方転籍中のジークグランツが、直線後続を突き放しての逃げ切り勝ちで優勝。地方転籍後、3勝目を挙げ、中央再転入の条件をクリアした。ジークグランツは、牡4歳、父ステイゴールド、母ブリリアントレイ、笠松・笹野博司厩舎、下河辺牧場生産。距離的にはもっと長い距離が合っていると思われ、中央再転入後のさらなる活躍に期待したい。
満口馬のキャンセル待ちについて
既に満口となっている募集馬において、出資されていた方の退会等の理由により空きがでる場合があり、満口馬のキャンセル待ちを随時受け付けしております(先着順)。キャンセル待ちのお申し込みをご希望の方は、お電話、メールにて「申込馬、口数」をお伝え下さい。空きがでましたら、先着順にお手紙もしくはメール等でご連絡いたします。

【満口馬のキャンセル待ち申込み状況です(2月13日現在)】
ペガサス6 (ヴィクトワールピサ×フレンチリヴィエラ)・・・・・・・・1名
ペガサス13 (ヒルノダムール×ダッチェスドライヴ)・・・・・・・・・・0名
ペガサス18 (エンパイアメーカー×シャンパンフルート)・・・・・・0名
ペガサス19 (ロードカナロア×ティックルピンク)・・・・・・・・・・・・・3名
ペガサス25 (ジャスタウェイ×プレシャスジェムズ)・・・・・・・・・・1名
ペガサス38 (ゴールドアリュール×ナスケンアイリス)・・・・・・・11名

※キャンセル待ちのお申し込みは、募集期間中に限ります。
※募集期間中に産地馬体検査受検や入厩する場合、キャンセル待ちの受付は終了となります。

ユニオンヘッドライン(1/22付)
・エポカドーロ、2戦目で初勝利
21日、京都5R 3歳未勝利(芝1600m)で、クラブ所属のエポカドーロが、先手を取ると、最後は2着馬に2馬身半の差をつけ、鮮やかに逃げ切った。エポカドーロは、牡3歳、父オルフェーヴル、母ダイワパッション、栗東・藤原英昭厩舎、ユニオンオーナーズクラブ提供。2015年の先行募集馬で、昨年10月のデビュー戦3着の後に一息入れ、2戦目で見事に勝ち上がった。まだ余裕がありそうな雰囲気で、今後の活躍が大いに楽しみ。なお、エポカドーロと同じオルフェーヴル産駒の先行募集馬である先行募集馬-1(牡1歳、父オルフェーヴル、母ビタースウィート、美浦・相沢郁厩舎予定)は、出資申込受付中。

・PEGASUS35の兄が初勝利
20日、京都6R 3歳未勝利(芝2000m)で、PEGASUS35(牝2歳、父クロフネ、母ローザミスティカ、美浦・奥村武厩舎予定、矢野牧場生産)の兄ジャックローズ(牡3歳、父ハービンジャー、栗東・斉藤崇史厩舎)が、初勝利を挙げた。活躍馬多数の「薔薇一族」で、血統の力はさすがといったところ。PEGASUS35は出資申込受付中。怪我により、調教開始が遅れたが、これから追い上げてその血統の力を開花させてほしい。
ユニオンヘッドライン(1/15付)
・ジークグランツ、笠松で2勝目
9日、笠松8R(ダート1400m)で、クラブ所属で笠松に転籍中のジークグランツが、ゴール前で先頭を捕えて優勝した。ジークグランツは、牡4歳、父ステイゴールド、母ブリリアントレイ、笠松・笹野博司厩舎、下河辺牧場生産。この勝利が笠松転籍後2勝目となり、中央再転入の条件クリアにあと1勝に迫った。

・ロフティードリーム、名古屋で初勝利
1日、名古屋1R(ダート800m)で、クラブ所属で名古屋に転籍中のロフティードリームが、後続を引き離して楽に逃げ切り快勝した。ロフティードリームは、牝4歳、父キングズベスト、母ムーンザドリーム、名古屋・今津博之厩舎、高村牧場生産。転籍初戦を力の違いで快勝し、あと2つ勝利を挙げ、中央再転入の条件クリアを目指す。

・藤原牧場生産のラインスピリット、淀短距離ステークスV
13日、京都「淀短距離S」(4歳上オープン、芝1200m)で、藤原牧場生産のラインスピリット(牡7歳、父スウェプトオーヴァーボード、母リボンストライプ、栗東・松永昌博厩舎)が、2番手から抜け出して優勝。斤量58kgを克服し、オパールS、ルミエールオータムダッシュに続く3度目のオープン勝ち、通算8勝目を挙げた。ラインスピリットと同じ、藤原牧場生産で松永昌博厩舎に入厩予定のPEGASUS20(牡2歳、父ディープブリランテ、母エアラホーヤ)は出資申込受付中。マジェスティハーツ、ラホーヤビーチの弟で、兄姉やラインスピリットと同様に、上級条件で息の長い活躍を期待したい一頭。また、ラインスピリットの近親にあたるPEGASUS30(牝2歳、父キンシャサノキセキ、母オスカルフランソワ、美浦・青木孝文厩舎予定、藤原牧場生産)も出資申込受付中。1つ上の兄ダンツセイケイは2歳未勝利戦で勝ち上がっている。