スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(8/13付)
・PEGASUS26のいとこがV
11日、小倉7R 3歳未勝利(芝1800m)で、PEGASUS26(牝1歳、父エイシンフラッシュ、母シーキングフェイム、栗東・浜田多実雄厩舎予定、静内白井牧場生産)のいとこにあたるウインイノベーター(牡3歳、父ナカヤマフェスタ、母ロッタ、栗東・西園正都厩舎、静内白井牧場生産)が、好位から抜け出して優勝し、13戦目で勝ち上がりを決めた。PEGASUS26の母シーキングフェイムはクラブ所属馬。芝の中距離で活躍し、特別戦を含む3勝を挙げた。近親も堅実に活躍しており、活躍の期待が掛かる。現在出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(8/6付)
・アドレ、新馬勝ち
4日、札幌5R 2歳新馬(芝1200m)で、クラブ所属のアドレが、後方追走から、3、4角で絶妙な立ち周りを見せると、直線鮮やかに伸びて差し切り。見事新馬勝ちを収めた。アドレは牝2歳、父ヒルノダムール、母ダッチェスドライヴ、栗東・昆貢厩舎、橋本牧場生産。橋本牧場生産の天皇賞馬ヒルノダムールの産駒は、これでJRA2勝目。少ない産駒数の中から、楽しみな存在が登場した。なお、同牧場生産のPEGASUS30(牝1歳、父スウェプトオーヴァーボード、母パルフェダムール、栗東・寺島良厩舎予定)は、ヒルノダムールのめいにあたり、アドレと同じ募集価格600万円で出資申込受付中。

・センティフォリア、初勝利
4日、小倉4R 3歳未勝利(芝1800m、牝馬)で、クラブ所属のセンティフォリアが、向正面で早めに動き、3角手前で果敢に先頭に立つと、最後まで脚色を衰えず堂々押し切って優勝した。センティフォリアは、牝3歳、父ディープインパクト、母メイデイローズ、栗東・田所秀孝厩舎、矢野牧場生産。5/26のデビュー戦では不利もあってシンガリ負けを喫していたが、2戦目で一変し、期待のディープインパクト産駒が嬉しい初勝利を掴んだ。なお、矢野牧場生産で、田所秀孝厩舎入厩予定のPEGASUS40(牡1歳、父トーセンジョーダン、母ディヴァインクレア)は出資申込受付中。こちらはディープインパクトの近親だ。

・服部牧場生産馬、レパードS優勝
5日、新潟11R「レパードステークス・G3」(ダート1800m、3歳)で、服部牧場生産のグリム(牡3歳、父ゼンノロブロイ、母ブランシュネージュ、栗東・野中賢二厩舎)が、先手を奪い、最後2着だった辻牧場生産のヒラボクラターシュに迫られるともうひと伸びして優勝。青竜ステークスでオープン勝ちした後、ユニコーンステークスでは2番人気で9着に敗れていたが、2度目の重賞挑戦で、初制覇を果たした。なお、服部牧場生産馬は、2歳戦に滅法強いダイワメジャー産駒のPEGASUS13(牝1歳、母キャタロニアン、美浦・和田勇介厩舎予定)が、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(7/30付)
・ジャックビーンズ、交流で初勝利
26日、笠松・交流「鈴蘭高原賞」(中央未勝利、ダート1400m)で、クラブ所属のジャックビーンズが、2番手追走から直線での競り合いを制して優勝した。ジャックビーンズは、牡3歳、父ノボジャック、母エンジェルシェア、栗東・松下武士厩舎、ヒダカファーム生産。精神面の課題もあって、デビューから力を出し切れないレースが続いていたが、交流競走出走のチャンスを活かし、8戦目で貴重な初勝利を挙げた。なお、同じヒダカファーム生産のPEGASUS14(牝1歳、父カレンブラックヒル、母ラブリーバローズ、美浦・木村哲也厩舎予定)とPEGASUS31(牝1歳、父プリサイスエンド、母スウィープイン、栗東・湯窪幸雄厩舎予定)は、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(7/17付)
・バンパークロップ、3勝目
15日、函館8R 3歳上500万下(ダート1700m)で、クラブ所属のバンパークロップが、直線入口で先頭に並び掛けると、最後は首の上げ下げをハナ差制して優勝した。バンパークロップは牝4歳、父クロフネ、母グレートハーベスト、美浦・藤原辰雄厩舎、グランド牧場生産。昨年7月の福島・500万下以来、1年振りの勝利で、通算6戦3勝。なお、バンパークロップと同じグランド牧場生産の、PEGASUS4(牝1歳、父ジャスタウェイ、母イチリュウ、美浦・伊藤圭三厩舎予定)、PEGASUS24(牝1歳、父スズカコーズウェイ、母スプリングマンボ、栗東・橋田満厩舎予定)、PEGASUS25(牝1歳、父ルーラーシップ、母サンビスタ、栗東・角居勝彦厩舎予定)は、出資申込受け中。

・PEGASUS29の姉が初勝利
15日、函館6R 3歳未勝利(芝2000m)で、PEGASUS29(牝1歳、父ゴールドシップ、母メイクデュース、栗東・浜田多実雄厩舎予定、出口牧場生産)の姉ウィナーポイント(牝3歳、父スクリーンヒーロー、美浦・栗田博憲厩舎)が、鋭い瞬発力で内から抜け出して優勝。デビューから9戦目で初勝利を挙げた。なお、新種牡馬ゴールドシップを父に持つPEGASUS29は、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(7/2付)
・下屋敷牧場生産馬、ラジオNIKKEI賞優勝
1日、福島「ラジオNIKKEI賞・G3」(芝1800m)で、下屋敷牧場生産のメイショウテッコン(牡3歳、父マンハッタンカフェ、母エーシンベロシティ、栗東・高橋義忠厩舎)が、好位追走から力強く抜け出して優勝した。前走の白百合ステークスからの連勝で、重賞初制覇。なお、下屋敷牧場生産のPEGASUS5(牝1歳、父ヴィクトワールピサ、母クライフォージョイ、美浦・金成貴史厩舎予定)は、出資申込受付中。