スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
栗東トレセンから(調教動画)
今年も残すところあと1ヶ月。

思い出せば、去年のこの時期はサンビスタのチャンピオンズCで盛り上がりましたね。


あれから、もう1年。

時の経つのは早いものです。


今週からは最後の開催がスタート。1つでも多くの勝ち星を挙げてほしいですね。



それでは、ちょっとご無沙汰になりましたが、動画を何本かご紹介します。



*ルペールノエル(障害練習その1)

藤原英昭調教師騎乗(11/16)



*ルペールノエル(障害練習その2)

高田潤騎手騎乗(11/16)



*ルドルフィーナ

お宅訪問



*ティアドーロ

CWコース、単走で追い切り



*ムーンクレスト

CWコース、併せ馬で追い切り。※内、松田大作騎手騎乗



*スティルウォーター

お宅訪問



*マウナロア

お宅訪問





栗東トレセン&育成場から
朝晩はめっきり寒くなってきました。皆様はいかがお過ごしでしょうか。

さて、ここ2週ほど金曜日に育成場を回ってきたので、その時の映像もあわせていくつかご紹介したいと思います。



*ルペールノエル

追い切りを終えて上がってきたところ。



*ロフティードリーム

CWコースで3頭併せの追い切り。



*オールージュ

ワコーファームにて。



*キセキノケイフ

愛知ステーブル小松分場にて。



*ジュラーレ

愛知ステーブル小松分場にて。



栗東トレセンから
ちょっとご無沙汰しておりました。


朝晩はめっきり涼しく(寒く)なってきましたねぇ。

気温差が激しいので着るものにもひと苦労してしまいます。朝一番は上着を着て、昼前は半そでなんてこともざら。


皆様も体調には気をつけて、週末は元気に競馬場においでください。



さて、この時期の定番ネタですが、10月からはトレセン在厩馬たちは衣替え。

そうです。着用しているゼッケンが変わるんです。


これまでは、2歳馬(緑)、3歳馬(黒)、4歳以上(白)だったのが、

2歳馬(黒)、3歳以上(白)とひとつずつ繰り上がります。


それにともない、その時点でのアイウエオ順で番号が割り当てられるので、色は同じ(4歳以上)でも数字は別のものに。


馬たちは気にしてないでしょうけど、なんか心機一転といった感じですね。


ムーンクレスト01
ムーンクレスト(以前)2112


ムーンクレスト02
ムーンクレスト(現在)2091 ※4歳以上なので色は変わらず



リージェンツパーク01
リージェンツパーク(以前)54


リージェンツパーク02
リージェンツパーク(現在)1145 ※2歳馬なので色と番号が変わります。


まぁ、すぐに慣れるんですけどね。


それでは、ここ最近撮影した動画を何本かご紹介します。



*ラッシュストーム

CWコースで追い切り。中井裕二騎手騎乗



*ムーンクレスト

CWコースで追い切り。



*アビイロードのゲート試験

1本目。左端




2本目。同じく左端




お宅訪問



*ラファエラ

お宅訪問



*ロフティードリーム

お宅訪問



では、また!
栗東トレセンから
もう10月だというのに、まだまだ暑い日が続きますね。

それに加えて今年は台風が多く、先週は大雨で厩舎回りもひと苦労でした。

皆様も体調管理には充分ご注意して競馬観戦をお楽しみください。



話は変わりますが、現在、栗東トレセンは新スタンドの工事の真っ最中。



トレセン1
現スタンドの右となり。



トレセン2
同うしろ。壁の向こう側が厩舎エリアになります。



ご覧のようにスタンドと、馬溜まり~厩舎を壁が隔てている格好になっているので、

馬場入りや上がってきたところが確認できなんです。


仕方がないことですが、早く新スタンドが完成してほしいですね。


それでは、本日は動画を2本ご紹介します。



*クイーンマンボ

追い切りを終えて、厩舎に戻ってきたところ。




馬房でホッとひと息


担当は嘉堂助手で調教パートナーは前川助手。そう、サンビスタコンビです。

後継者となるような走りを期待したいですね。


それでは、また!
栗東トレセン&育成場から
先週は(水)(木)と栗東トレセンで通常業務をこなしたあと、近郊の育成場を回ってきました。


午前中に行ってきたのは、2歳馬ハービーラヴドがお世話になっている『名張ホースランドパーク内吉田ステーブル』。

三重県名張市というと、“栗東トレセンのある滋賀県からは遠いのでは?”と感じる方も多いことでしょう。



ところがどっこい(古い?)。所要時間は約1時間半と、実はそんなに遠くないんです。

信楽牧場、吉澤ステーブルWEST、UPHILLがある信楽エリアからも40~50分。以外に近いですよね。



午後は宇治田原優駿ステーブルへ行ったのですが、ここへも1時間半掛からないくらい。

それほど苦になることもなく、充分、行動範囲の範疇でした。見学に行かれる方の参考になればと思います。



それでは、トレセン在厩馬&休養馬を何頭かご紹介します。

*アビイロード
アビイロード



*クイーンマンボ
クイーンマンボ



*ルドルフィーナ
ルドルフィーナ



*ワタシノロザリオ
ワタシノロザリオ




ゲート練習の様子



*トゥルーハート

お宅訪問



*ハービーラヴド
ハービーラヴド



*マウナロア
マウナロア



*ムーンクレスト
ムーンクレスト



*スターリーウインド
スターリーウインド



*グリニカ
グリニカ




ここ最近、関西馬は勝ち星から遠ざかっております。今週こそは勝利を目指してほしいですね。


それでは、また!