スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
栗東トレセンから
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ユニオンヘッドライン(12/10付)
・ラホーヤノキセキ、中央再転入初戦を快勝
9日、中京・3歳上500万下(ダート1200m)で、クラブ所属のラホーヤノキセキが、2番手追走から残り1ハロンで後続を突き離して圧勝した。ラホーヤノキセキは牡4歳、父キンシャサノキセキ、母エアラホーヤ、栗東・松永昌博厩舎、藤原牧場生産。ボーンシストので時間を要し、デビューは今年5月の名古屋。3戦続けてぶっちぎりの勝利を収め、中央再転入の条件をクリア。中央でのデビュー戦となったこのレースでも勝利を飾った。ここまでお待ちいただいた出資会員の皆様にとっても格別の勝利となっただろう。なお、同馬と同じ藤原牧場生産のPEGASUS16(牝1歳、父シンボリクリスエス、母リルティングソング、美浦・和田正一郎厩舎予定)は、出資申込受付中。

・ゴルトマイスターの兄が勝島王冠V
5日、大井「勝島王冠・SⅡ」(ダート1800m)で、クラブ所属馬ゴルトマイスターの兄モジアナフレイバー(牡3歳、父バトルプラン、母ナスケンアイリス、大井・福永敏厩舎、桜井牧場生産)が、2着ヒガシウィルウィンに3馬身差をつけて快勝した。この勝利が南関東の重賞初制覇で、通算8戦6勝。新馬勝ち後、一息入れている弟とともに、今後のさらなる活躍に期待したい。

・ライデンシャフトの兄が中京メインV
9日、中京「名古屋日刊スポーツ杯」(3歳上1000万下、芝2000m)で、クラブ所属馬ライデンシャフトの兄プラチナヴォイス(牡4歳、父エンパイアメーカー、母プレザントブリーズ、栗東・鮫島一歩厩舎、矢野牧場生産)が、楽に抜け出しての完勝で通算3勝目を挙げた。妹ライデンシャフトは、12/15(土)中山「ひいらぎ賞」に出走予定。兄に続く勝利といきたいところだ。
募集馬の残口情報
PEGASUS4(母イチリュウ)残口極少
PEGASUS7(母ダイワパッション)残120口未満
PEGASUS21(母ワイルドゲッツ)残40口未満
PEGASUS24(母スプリングマンボ)残口極少
PEGASUS25(母サンビスタ)残80口未満
PEGASUS39(母タイキロザリオ)残40口未満
PEGASUS40(母ディヴァインクレア)残60口未満
満口:PEGASUS1、2、27、29、30、41、先行1
12月8日(土)、12月9日(日) 口取りの抽選結果です。
12月8日(土)、12月9日(日) 口取りの抽選結果です。

中山(土)11R
クイーンマンボ
15・24・28・34・38・45・50・237・607・609番の方です。

阪神(土)8R
ルドルフィーナ
17・19・21・41・47番の方です。

阪神(土)12R
クロンヌデトワール
11・13・20・42・43・102番の方です。

中山(日)5R
ローブドゥネージュ
10・14・16・25・29・30・33・46・49・608番の方です。

阪神(日)7R
スプレーモゲレイロ
22・37・101番の方です。

中京(日)3R
ラホーヤノキセキ
18・32・36・40・44・48番の方です。
美浦トレセンから
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力