スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン(7/6付)
・アンジュミニョン、2勝目をマーク
7/5(日)阪神8R 3歳以上1勝クラス(芝1400m、牝馬)で、クラブ所属のアンジュミニョンが、2番手追走から直線半ばで先頭に立つと、最後まで粘り強く後続を封じ込めて優勝した。アンジュミニョンは牝4歳、父ルーラーシップ、母チェリーエンジェル、栗東・佐々木晶三厩舎、高村牧場生産。昨年5月の未勝利戦以来、1勝クラスでもたびたび好走していたが、1年2ヶ月振りとなるうれしい2勝目をマークした。同馬と同じ佐々木晶三厩舎に入厩予定のPEGASUS2(牡1歳、父ルーラーシップ、母アルーリングハート、杵臼牧場生産)、PEGASUS34(牝1歳、父オルフェーヴル、母ウインキナウ、協和牧場生産)は、出資申込受付中。

・PEGASUS27のいとこが1勝クラスV
7/4(土)函館8R 3歳以上1勝クラス(ダート1000m)で、PEGASUS27(牝1歳、父ダンカーク、母ピエノフィオレ、栗東・大橋勇樹厩舎予定、宮内牧場生産)のいとこメイショウメイリン(牡4歳、父メイショウボーラー、母シニスタークイーン、栗東・西園正都厩舎、宮内牧場生産)が、逃げ切って完勝。通算2勝目をマークした。スピードに優れ、堅実に勝ち上がる一族のPEGASUS27は、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン(6/30付)
・PEGASUS2020の出資申込受付は7/6(月)スタート
PEGASUS2020(2020年度1歳募集馬)の1次受付期間は7月6日(月)9:00~7月10日(金)17:00となります。電話での受付は各日11:00~16:00となりますので、ご注意ください。なお、1次受付期間内で口数を超えるお申込みがあった募集馬につきましては抽選となります。新たなラインナップにたくさんの出資のお申込みお待ちしております。

・スライリー新馬勝ち
6/27(土)東京5R 2歳新馬(芝1800m)で、クラブ所属のスライリーが、センス良く好位につけ、直線で前が開くと鋭く抜け出して優勝。2歳世代の先陣を切ってデビューし、見事新馬勝ちを収めた。スライリーは牝2歳、父オルフェーヴル、母ビジョナリー、美浦・相沢郁厩舎、白井牧場生産。相沢厩舎のオルフェーヴル産駒と言えばビターエンダーと同じ。スライリーにもクラシック戦線へと期待が膨らむ勝利となった。なお、同馬と同じ白井牧場生産のPEGASUS39(牝1歳、父エイシンヒカリ、母フローレンスガール、栗東・高柳大輔厩舎予定)がPEGASUS2020にラインナップ。兄姉に平地、障害でオープン勝ちしたミヤビタイガなど活躍馬が多く、こちらも注目の一頭。

・PEGASUS10の全兄が東京ジャンプS優勝
6/27(土)東京「東京ジャンプS・JGⅢ」(芝3110m)で、PEGASUS10(牝1歳、父アドマイヤムーン、母ラヴィングプライド、美浦・相沢郁厩舎予定、前野牧場生産)の全兄ラヴアンドポップ(牡7歳、美浦・岩戸孝樹厩舎)が、ゴール前の攻防を制して優勝。コスモス賞で平地オープンを勝っている実績馬が、障害重賞でタイトルを獲得した。近親にはランドネなど活躍馬が揃う血統。ビターエンダー、スライリーと同じ相沢厩舎入厩予定という点にも注目である。

・PEGASUS11のいとこが2勝クラス特別V
6/28(日)阪神「舞子特別」(2勝クラス、芝1400m)で、PEGASUS11(牝1歳、父ロードカナロア、母プレノタート、美浦・奥村武厩舎予定、松田牧場生産)のいとこメイショウチタン(牡3歳、父ロードカナロア、母ラルティスタ、栗東・本田優厩舎、松田牧場生産)が、2番手から抜け出して優勝。古馬と初対戦となった2勝クラスの一戦を制して3勝目をマークした。PEGASUS11とは父も同じロードカナロアで、4分の3同じ血統となる。相性の良さが窺える点もPEGASUS11にとって追い風だろう。
ユニオンヘッドライン(6/22付)
・シャンパンクーペ、鷹取特別V
6/21(日)阪神9R「鷹取特別」(3歳以上2勝クラス、ダート2000m)で、クラブ所属のシャンパンクーペが、いつも通りの捲りから、ゴール前で粘り込みを図るダイメイコリーダを捕らえて優勝した。シャンパンクーペは牡4歳、父エンパイアメーカー、母シャンパンフルート、栗東・今野貞一厩舎、下河辺牧場生産。ダート1900~2000mで3勝を挙げ、準オープンに昇級。さらに上を目指して、今後の活躍を期待したい。
ユニオンヘッドライン(6/8付)
・オーヴァーネクサス、初勝利
6/6(土)阪神2R 3歳未勝利(ダート1800m)で、クラブ所属のオーヴァーネクサスが、直線入口で手応え良く先頭に並び掛けると、最後は2着に5馬身差をつけて完勝した。オーヴァーネクサスは牡3歳、父キズナ、母オーヴァーアンダー、栗東・松下武士厩舎、須崎牧場生産。脚部不安によりデビューは遅れたが、2戦目、初ダートで鮮やかに変わり身を見せ、初勝利を挙げた。申し分のない勝ちっぷりで、これからは同期の先行募集馬ビターエンダーに追いつき追い越せと期待したい。

・グレアミラージュ、初勝利
6/7(日)阪神4R 3歳未勝利(ダート1400m)で、クラブ所属のグレアミラージュが、中団追走から直線では外をしぶとく伸び、ゴール前で先頭を捕まえ優勝した。グレアミラージュは牡3歳、父ディープブリランテ、母マジックミラージュ、栗東・笹田和秀厩舎、下河辺牧場生産。新馬戦3着の後の2戦は着順が振るわなかったが、4戦目で大きく前進して嬉しい初勝利を掴んだ。父が同じラプタスのように1つずつ階段を上がっていってくれればと願う。

・ラヴィッスマン、中央再転入の条件クリア
6/3(水)門別9R「ツユクサ特別」(ダート1700m)で、クラブ所属のラヴィッスマンが、中団追走から差し切って優勝。地方転籍後3勝目を挙げ、中央再転入の条件をクリアした。ラヴィッスマンは牡4歳、父ロードカナロア、母ティックルピンク、北海道・田中淳司厩舎、辻牧場生産。姉にアンジュデジール、兄にアキトクレッセントらオープン馬が複数いる血統で、そのポテンシャルを今後中央でも発揮して、会員様の期待に応える活躍を見せてほしい。
出資申込受付終了
PEGASUS2019(2歳馬)の出資申込受付は5/31をもちまして終了致しました。

多くのご出資ありがとうございました。