スタッフが、トレセン、牧場からホットなニュースをお届けします!
ユニオンヘッドライン2022(9/20付)
・スピードオブライト、2歳新馬勝ち
9/18(日)中山4R 2歳新馬(芝1200m)で、クラブ所属のスピードオブライトが、先団追走から手応え良く4角を回ると、直線で抜け出して先頭でゴール。見事新馬勝ちを収めた。スピードオブライトは牝2歳、父:ロードカナロア、母:サイレントソニック、美浦・相沢郁厩舎、桜井牧場生産。姉にクラブ所属で3勝を挙げたサラドリームがいる血統。スピードオブライトのいとこにあたるPEGASUS28(牝1歳、父:キズナ、母:ビタースウィート、栗東・坂口智康厩舎予定、桜井牧場生産)は、出資申込受付中。

・インプローヴィング、2勝目をマーク
9/13(火)門別4R 2歳3組(ダート1700m)で、クラブ所属のインプローヴィングが、後続を離して逃げると、そのまま最後までしっかり脚を伸ばし、2着に3馬身差をつけて優勝した。インプローヴィングは牝2歳、父:コパノリッキー、母:フィーリンググー、北海道・角川秀樹厩舎、グランド牧場生産。未勝利戦(ダート1000m)とは異なる距離で勝利を挙げ、通算成績を8戦2勝とした。

・スカイドゥエラー、中央再転入の条件クリア
9/15(木)名古屋12R B級4組(ダート1500m)で、クラブ所属のスカイドゥエラーが、直線半ばで先頭に立ち、そのまま押し切って優勝した。スカイドゥエラーは牡4歳、父:キズナ、母:フリーバード、名古屋・今津博之厩舎、広富牧場生産。名古屋転籍後5戦目で3勝を挙げ、これで中央再転入の条件をクリアした。スカイドゥエラーの弟PEGASUS39(牡1歳、父:サトノアラジン、栗東・上村洋行厩舎予定)は、出資申込受付中。

・2022年度当歳先行募集馬、1次受付開始
2022年度当歳先行募集馬の1次受付を開始します。
【募集馬】
先行募集馬-1(牡当歳、ロードカナロア×アスカビレン)
先行募集馬-2(牡当歳、エピファネイア×パープル)
【募集期間】
1次受付期間(抽選方式)9/20(火)11:00~9/26(月)17:00
通常受付(先着順)10/4(火)11:00~2024年5月31日17:00
【お申込み方法】
ホームページ…出資申込フォームより送信してください(出資申込はこちら)。
電話…北海道本社(0146-42-7611)平日10:00~16:00、9/20・10/4のみ11:00~16:00、東京事務所(03-3526-6755)平日11:00~15:00
ユニオンヘッドライン2022(9/12付)
・ハニーチャイル、門別で初勝利
9/7(水)門別5R(ダート1000m)で、クラブ所属のハニーチャイルが、先手を取ると持ったまま後続に6馬身差をつけて快勝した。ハニーチャイルは牝3歳、父:ビッグアーサー、母:ティファニーケイス、北海道・田中淳司厩舎、辻󠄀牧場生産。ホッカイドウ競馬への転籍初戦でまずは勝利を挙げ、中央再転入の条件クリアに向け、好スタートを切った。

・PEGASUS18のいとこが2歳未勝利V
9/10(土)中京1R 2歳未勝利(ダート1400m)で、PEGASUS18(牝1歳、父:ビッグアーサー、母:マザイ、栗東・中村直也厩舎予定、服部牧場生産)のいとこエミサキホコル(牡2歳、父:ドレフォン、母:アルテミスハート、栗東・杉山佳明厩舎)が、2番手追走から抜け出し優勝した。PEGASUS18はおじにエイシンフラッシュがいる血統で、出資申込受付中。
ユニオンヘッドライン2022(9/5付)
・PEGASUS38の兄が障害未勝利V
9/4(日)小倉1R 障害未勝利(芝2850m)で、PEGASUS38(牡1歳、父:オルフェーヴル、母:ジュエルボックスⅡ、栗東・杉山佳明厩舎予定、ヒダカファーム生産)の兄ララロトリー(セン5歳、父:トーセンラー、栗東・坂口智康厩舎)が優勝。障害5戦目で初勝利、平地(芝2000m)でも勝利を挙げており、通算2勝目をマークした。PEGASUS38は出資申込受付中。

・ラプタス、コリアスプリント2着
9/4(日)ソウル競馬場で行われたコリアスプリント(GⅢ、ダート1200m)に、クラブ所属のラプタスが出走。果敢に逃げ、ゴール直前まで先頭で粘っていたが、最後僅かに地元のオマオマに交わされて2着でゴールした。クラブ所属による海外のレースへの出走はこれが初めて。まずは無事に出走できたことがなにより。松永昌博厩舎、幸英明をはじめ関係者の皆様に、感謝申し上げます。
ユニオンヘッドライン2022(8/29付)
・PEGASUS27のいとこが初勝利
8/27(土)札幌3R 3歳未勝利(牝、ダート1000m)で、PEGASUS27(牝1歳、父:エピファネイア、母:キョウワゼノビア、栗東・角田晃一厩舎予定、協和牧場生産)のいとこにあたるベジェサ(牝3歳、父:イスラボニータ、母:ヘイローフジ、栗東・飯田祐史厩舎、協和牧場生産)が、2着に1馬身半差をつけて快勝。8戦目で初勝利を挙げた。おじに北九州記念勝ち馬キョウワロアリング、おばに秋華賞2着のキョウワジャンヌなど活躍馬が多く揃う血統・なお、PEGASUS27は好評につき、満口となっている。
ユニオンヘッドライン2022(8/22付)
・スカイドゥエラー、連勝を飾る
8/19(金)名古屋12R「油ヶ淵特別」(ダート1500m)で、クラブ所属のスカイドゥエラーが、ゴール前で逃げ粘る2着馬を捕らえて優勝。3着以下には大差がついた。スカイドゥエラーは牡4歳、父:キズナ、母:フリーバード、名古屋・今津博之厩舎、広富牧場生産。連勝で名古屋に転籍後2勝目を挙げ、中央再転入の条件クリアにあと1勝と王手をかけた。

・PEGASUS38の兄が園田で無傷の5連勝
8/18(木)園田12R(ダート1400m)で、PEGASUS38(牡1歳、父:オルフェーヴル、母:ジュエルボックスⅡ、栗東・杉山佳明厩舎予定、ヒダカファーム生産)の兄ララモンドール(牡3歳、父:トーセンラー、兵庫・碇清次郎厩舎)が、2着に3馬身差をつけて優勝。この勝利で5/13のデビュー戦から、園田で無傷の5連勝となり、快進撃を続けている。PEGASUS38は出資申込受付中。